Webライター未経験者が1番大切にすべきこと【Time is Money!!】

悩むくんアイコン
なやむくん
これからWebライターやってみたいけど、何を大切にすればよい?
初めて提案するけど、仕事をちゃんとやり切れるかな?

この記事では、こんな悩みにお答えします。

結論は、Webライターの初心者はとにかく時間についてよく考えることが大切。

・やることが盛りだくさんなので1日2時間はほしい
・好きなことをやめて、すきま時間をかき集める覚悟が必要
・自分の能力も正しく把握しよう
・嫌になったら逃げだそう
 
ハピサラ
ライターはじめ副業はTime is Money!!です。
とにかく時間をうまく作って、副業に使う覚悟が大切!

Webライター未経験者は時間確保が大切で難しい

ライターだけでなく副業をやるために何より大切なのは、時間の確保。

ライターは「Time is Money!!」を地で行く副業です。

大切なポイントは次の2つ。

  • 1日2時間は確保
  • 好きなことをやめる覚悟

それぞれみていきましょう。

Webライター未経験者は1日2時間は確保しよう

質問です。

みなさん、1日で自由な時間ってどれくらいありますか?

2時間未満って方、ちょっと厳しいですよ。

なぜなら、Webライター未経験では案件探しから納品までに予想以上に時間がかかるから。

クラウドソーシングでの仕事の流れは次の通りです。

  • 案件探し
  • 提案
  • 採用
  • 執筆
  • 1次納品
  • リライト
  • 完全納品

小さなことから大きなことまで、やることもりだくさん。

しかもこれ、1案件ですからね。

Webライター未経験者は好きなことをやめる覚悟を

今、自由時間で何をやっていますか?

こんな感じですかね。

  • 読書
  • テレビ
  • ネットサーフィン
  • ゲーム
  • 副業
  • 勉強
  • 寝る など

自由時間なんだから、きっと楽しくて大好きなことをやっていることでしょう。

これ全部やめる覚悟がないと、ライターを始めるのは厳しいですよ。

理由は、Webライター未経験者で1万円稼ぐとなると、割とたくさん案件をゲットする必要があるからです。

継続案件もない未経験者は、

  • 上の7つの手順をすべててやって時間が減る
  • 採用率も低い

のデフレスパイラル。

時間だけが過ぎて時給はぐんぐん下がります。

モチベもぐんぐん下がるのに、今まで当たり前にやっていた楽しいことも我慢しなければならないなんて。。。

「絶対に稼いでやる!」という強い覚悟で、時間を確保することが大切です。

 
Name
ちなみに僕は読書で年間100冊は読んでました。
ライターやブログを初めて年20冊くらいに激減してます!

Webライター未経験者の時間確保術

1日2時間なら「やめる」ことで十分確保できます。

理由は、人間って1日2時間くらい自由に楽しんだり、ムダに過ごしたりしているから。

1日のサイクルはだいたいこんな感じですかね。

  1. 起床
  2. 準備
  3. 通勤
  4. 仕事
  5. 退勤
  6. 帰宅
  7. 自由時間

まさに時間の宝庫です。

Webライター未経験者の1日:起床と準備と通勤

起床と準備では、2度寝やダラダラ準備をやめましょう。

いつもより少し早く起きて朝活をはじめてみてはどうでしょう?

通勤中もスマホでライター副業が可能です。

執筆は難しくても、案件探しや提案は簡単。

スマホゲームやネットサーフィンを少しだけ、やめてみましょう。

ここで長ければ1時間確保できますね。

Webライター未経験者の1日: 仕事

仕事も集中して終わらせて、残業時間を減らしましょう。

また、昼休みも地味に時間が稼げます。

僕は毎日30分副業にあてています。

Webライター未経験者の1日: 退勤と帰宅と自由時間

退勤中も通勤中と同じでスマホを活用。

ゲームもサーフィンを少し辞めてみましょう。

帰宅後もダラダラしたいのはわかります!めちゃくちゃわかります!

でも30分だけ、ライティングに時間を使ってみましょう。

Webライター未経験者の習慣化

「やめる」ことを徹底的に1週間つづけてみてください。

逆に「やめる」ことをやめると気持ち悪くなります。

これが習慣化、ってヤツですね。

習慣化こそ副業をやる上で一番の武器になります。

我慢してつらい時期も確かにありますが、それを越えると明るい明日がまっていますよ。

 
ハピサラ
僕は朝活はすきま時間の活用で1日3時間は確保しています!
今はブログやライティングをやらないと気持ち悪いですね(笑)

Webライター未経験者は時間の読みが大切

完全納品から案件探しまでの時間を逆算し、読めることが大切です。

要は自分をどれだけ知っているか、とうこと。

理由は2つ。

  • 1日の自由時間でこなせるかの判断
  • 複数案件を抱えたときの時間配分

かっこつけて言うとタイムマネージメントですね。

時間を読むためのポイントは2つ。

  • まず1サイクルやる
  • 時間を測る

とにかくやってみなければ何もわかりません。

「案件ごとに執筆時間って変わってこない?」

おっしゃる通りですが、1000文字1時間のようにだいたいの感覚はつかめます。

そして、すべての作業で時間を測っておくことが大切です。

ストップウォッチでいちいち測る必要はなく、始めと終わりに時計をみるでOK。

このとき、案件探しや提案には次の方法が有効です。

  • 自動化
  • テンプレ化

これによって時間を読みやすくなると同時に時短もできる。

すなわち時給アップできる、ということです。

時給アップの考え方は、Webライターで1万円稼ぐための時給の考え方【ランサーズ初心者向け】を参考にしてください。

Webライター未経験者が時間確保につらくなったら

ライターを辞めましょう。やりたくなるまで。

だってそもそも副業って、自由で楽しくやることも目的のひとつですよね?

そしてメリットでもある。

僕も本業での不自由さを、副業で好き勝手やってうさ晴らししているところもありますからね。

本当に好きだったら、やめて1週間もすればムズムズしてきますよ(笑)

そうでなかったら向いていなった、ということで別の副業を探しましょう。

 
ハピサラ
僕も1カ月でライター副業をストップしましたよ。
理由はブログに集中するため。柔軟さもライター副業のメリットです♪

まとめ:Webライター未経験者が1番大切にすべきこと【Time is Money!!】

 
なやむくん
これからWebライターやってみたいけど、何を大切にすればよい?
初めて提案するけど、仕事をちゃんとやり切れるかな?

この記事では、こんな悩みを解決してきました。

結論は、Webライター未経験者や初心者はとにかく時間についてよく考えることが大切です。

・やることが盛りだくさんなので1日2時間はほしい
・好きなことをやめて、すきま時間をかき集める覚悟が必要
・自分の能力も正しく把握しよう
・嫌になったら逃げだそう

時間を大切に考えてうまく使えるようになる、副業だけでなく人生が豊かになりますよ♪

一緒に楽しくハッピーな人生をつかみ取っていきましょう。

最後まで読んでいただき、いつも本当にありがとうございます。