ハピサラブログは、凡人パパリーマンが仕事の悩みを解決しつつ、資産形成で健康にサイドFIREを目ざすブログです♪

【2021年】VYM配当利回り・株価推移【配当金生活にはいくら必要?】

 
なやむくん
FIREを目指していて、米国高配当ETFのVYMが気になってます。配当利回りって、他のETFと比較してどう?実際に投資している人の考えも知りたいです。

この記事では、こんな悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • 【VYM】配当利回り・株価推移
  • 【VYM】基本データと特徴
  • 【VYM】配当金生活には、いくら必要?
  • 【VYM】投資目的と計画【投資初心者】

FIREを目ざしていて、米国高配当ETF VYMの配当利回りが気になっている投資初心者の方に向けて、VYMの配当利回りや株価の推移、また特徴について解説します。

ぼくも実際に、サイドFIREを目ざしていて、VYMを保有している個人投資家です。当初はキャピタル狙いのS&P500インデックス投資をしていましたが、安定・安心が光るVYMに切り替えました。

この記事を読めば、VYMの魅力を知ることができ、高配当株投資家へ一歩を踏み出せますよ。

 
ハピサラ

夢の不労所得を安心・安全にゲットしたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

【VYM】配当利回り・株価推移【HDV・SPYD比較】

米国高配当ETF VYMを知るには、配当利回りと株価の推移を見るのが一番です。

ライバルETFのHDVとSPYDと比較しながら見ていきましょう。

【VYM】配当利回り推移

VYMの2011年から2020年の配当金と配当利回りは次の通り。

配当利回りは、配当金を年末株価で割って算出しています。


年末株価年間分配金利回り
2020$91.51$2.913.18%
2019$93.43$2.843.04%
2018$77.99$2.653.4%
2017$85.63$2.42.8%
2016$75.77$2.212.91%
2015$66.75$2.153.22%
2014$68.75$1.912.78%
2013$62.32$1.752.81%
2012$49.38$1.593.22%
2011$45.26$1.332.94%
平均$2.523.04%

次に、ライバルとして良く比較される、HDVとSPYDと比較してみましょう。

VYMHDVSPYD
20203.18%4.07%4.95%
20193.04%3.28%4.45%
20183.4%3.67%4.75%
20172.8%3.27%3.8%
20162.91%3.28%4.34%
20153.22%3.92%
20142.78%3.2%
20132.81%3.17%
20123.22%3.56%
20112.94%

【VYM】株価チャート推移

 
なやむくん
配当利回りが安定していても、株価がだだ下がってたら意味ないですよね?

VYMは、実は株価上昇によるキャピタルゲインも狙えるETFです。

 VYMの株価推移

  • 2006/11:$50.7
  • 2021/5:$105.9
  • 設定来リターン:108.9%
  • 年率リターン:5.03%
 
ハピサラ
リーマンショックとコロナショックを超えて、このリターンは頼もしいですね。

ライバルETFであるHDVとSPYDとも比較してみましょう。

 HDVとの比較

 SPYDとの比較


VYM(2006-2020HDV(2011-2020)SPYD(2015-2020)
年初$50.7$55.5$29.2
現在$105.9$87.67$32.4
リターン102.20%58.00%11.10%
年率5.16%5.21%1.75%

次は、ここ直近10年のリターンの比較です。


VYMHDVSPYD(2015-2021/5)
2011$45.26$55.5$29.2
2020$91.51$87.67$32.4
リターン102.19%58.00%11.10%
年率8.14%5.21%1.75%

VYMの年率リターンが最高であることがわかります。

コロナショックからの立ち直りが一番早かったのも、実はVYMですよ。

【VYM】トータルリターン

株価上昇にキャピタルゲインも光り、さらに安定した配当金によるインカムゲインも光るVYM。

株価上昇と配当金を合わせた、トータルリターンはどうでしょうか?


VYMHDVSPYD
トータルリターン150.20%90.6.2%140.00%
年率リターン10.73%7.43%6.96%

配当金は米国現地課税10%と、日本の課税20%を考慮した結果です。

 
ハピサラ
トータルリターンでも、VYMがHDVとSPYDを引き離してどうどうの一位ですね♪

【VYM】基本データと特徴

安定感ばつくんで、トータルリターンも光る米国高配当ETFのVYM。

そのリターンの源泉となる基本データを、サクッと紹介します。

【VYM】基本データ(2021.3.25)

  • 株価: $98.79
  • 年間配当金(直近過去4回): $3.0081
  • 過去平均配当利回り :3.17%
  • 設定来トータルリターン:年率 7.46%
  • 年間経費率:0.06%
  • 配当月:年4回(3・6・9・12月)
  • 設定日:2006年11月10日
  • ベンチマーク:FTSE High Dividend Yield Index

リーマンショックとコロナショックを経験した、信頼できるETFであることがわかりますね。

【VYM】の構成銘柄・セクターの特徴

VYMの構成銘柄とセクターを、SPYDとHDVと比較して見ていきましょう。

 VYM構成銘柄(SPYD・HYD比較)


VYMSPYDHDV
1位JPM(3.88%)HFC(1.53%)XOM(11.82%)
2位JNJ(3.64%)VLO(1.52%)T(8.31%)
3位PG(2.62%)PBCT(1.50%)JNJ(6.96%)
4位BAC(2.34%)COP(1.43%)CVX(6.95%)
5位INTC(2.17%)STX.SI(1.43%)VZ(5.91%)
6位CMCSA(2.08%)XRK(1.42%)PG(4.51%)
7位XOM(2.01%)HPE(1.41%)PEE(4.28%)
8位VZ(2.00%)MPC(1.40%)CSCO(3.87%)
9位T(1.73%)SPG(1.39%)KO(3.68%)
10位CVX(1.68%)REG(1.37%)MRK(3.40%)

構成銘柄の数を比較してみましょう。

 VYM構成銘柄数(SPYD・HYD比較)

2021年3月時点VYMSPYDHDV
構成銘柄数4117875

VYMは400以上と、分散が効いていて、リスクが小さいことがわかります。

次に、構成セクター割合を見ていきます。

 VYM構成セクター(SPYD・HYD比較)


VYMSPYDHDV
1位金融(22.71%)金融(24.50%)エネルギー(24.22%)
2位ヘルスケア(14.30%)不動産(19.21%)ヘルスケア(19.66%)
3位生活必需品(13.58%)エネルギー(14.73%)電気通信(14.31%)
4位テクノロジー(11.12%)公益事業(12.23%)生活必需品(13.40%)
5位資本財(9.77%)テクノロジー(6.62%)公益事業(7.10%)
6位公共事業(7.56%)電気通信(6.09%)資本財(6.99%)
7位エネルギー(7.33%)生活必需品(4.84%)テクノロジー(6.77%)
8位電気通信(6.55%)一般消費財(4.77%)一般消費財(3.78%)
9位素材(4.09%)ヘルスケア(4.47%)金融(3.02%)
10位一般消費財(2.96%)素材(2.53%)素材(0.66%)

VYMは金融、ヘルスケア、生活必需品セクターで約50%を占めています。

今回のコロナショックでは、移動が制限されることで、不動産やエネルギー銘柄へに大きなダメージがあり、まだまだ完全には立ち直れていません。

SPYDは上位に不動産とエネルギーセクター、HDVはエネルギーセクターが入っています。

VYMは不動産は含まず、さらにエネルギーセクターの割合も小さいことから、立ち直りが早かったと言えますね。

【VYM】の特徴まとめとぴったりな人

VYMの特徴は、

  • 高い配当利回り(平均3%)
  • 株価も順調に上昇(年平均5~7%)
  • 分散も効いていて低リスク(銘柄数400以上)
  • 低コスト(年間経費率0.06%)
  • リーマン・コロナショックを経験済み

となります。

初心者でも安心して長期保有できるETFです。

こんなVYMがぴったりな人は次の通りですね。

  • 安定・安心にインカムゲインを得たい人
  • ちゃっかりキャピタルゲインも狙いたい人
  • 低コストで長期保有したい人

実はこの特徴は、有名な「投資の大原則」で提唱されている「長期・分散・低コスト」にぴったりはまっています。

 
ハピサラ
投資初心者で、確実に安心してキャッシュを手元に残したい方には、ぴったりのETFですよ♪

VYMで配当金生活なら、いくら必要?

高配当ETFであるVYMからの配当金は、まさに夢の不労所得。

 
ハピサラ
最近では、不労所得で生活費を得て、経済的に自由になるFIREと言う生き方が注目されています♪
関連記事

 なやむくん 一生サラリーマンで働くのは嫌だけど、かといってアーリーリタイアするほどの資産も作れません。仕事にも資産にも程良いストレスで、割と自由に生きていく方法ってありますか? この記事では、こんな悩み[…]

サイドFIRE

夢の不労所得で生活するためには、VYMがいくら必要なのか。

一緒に考えていきましょう。

その①:FIRE

まずは、完全に配当金だけで生活するパターンです。

FIREと呼ばれる状態ですね。

次の2つので考えてみましょう。

  • 月20万円
    →ギリギリ生活ライン
  • 月40万円
    →サラリーマン平均年収並

VYMのここ10年の平均の配当利回りは3.04%。

米国現地税の10%と、日本国内の課税20%を考慮すると、実質の配当利回りは2.19%。

この配当利回りから、逆算していくら必要か計算した結果が次の通り。

  • 月20万円
    →約1億1,000万円
  • 月40万円
    →約2億2,000万円

かなり厳しい数字になりました。

実際は、配当金再投資や元本の成長があるので、上記の額より少なくてすみます。

 
なやむくん
とは言え、夢はやはり夢のままですね、、、。

その②:サイドFIRE

 
なやむくん
生活費の一部を配当金で賄えるだけでも、精神的にはかなり楽になりそうです。

そのスタイルは「サイドFIRE」と呼ばれています。

 
ハピサラ
実際にぼくは、サイドFIREを目ざしていますよ♪

 ハピサラ流・サイドFIREレベル

  • Lv1:月1万円
    →通信費FIRE
  • Lv2:月2万円
    →+電気代FIRE
  • Lv3:月3万円
    →+水道代FIRE
  • Lv4:月4万円
    →+ガス代FIRE
  • Lv5:月10万円
    →+夫婦生活費FIRE

では実際に、いくらVYMが必要が計算してみましょう。

 サイドFIREにいくら必要?

  • Lv1:月1万円
    →550万円
  • Lv2:月2万円
    →1,100万円
  • Lv3:月3万円
    →1,650万円
  • Lv4:月4万円
    →2,200万円
  • Lv5:月10万円
    →5,500万円

ぐっと現実的な金額になってきましたね。

VYMは配当利回りがそこまで高くありませんが、市況の影響がHDVやSPYDに比べて小さいETFです。

老後の自分年金と考えると、安心・安全重視でVYMを積み立てていくのもありだと思いますよ。

【2021年】VYM配当利回り・株価推移 :まとめ

 
なやむくん
FIREを目指していて、米国高配当ETFのVYMが気になってます。配当利回りって、他のETFと比較してどう?実際に投資している人の考えも知りたいです。

この記事では、こんな悩みを解決してきました。

 本記事のまとめ

・VYMの配当利回りは、平均3.04%
・安定・分散・低コストの超優良ETF
・配当金生活には1億円以上

FIREを目ざしていて、米国高配当ETF VYMの配当利回りが気になっている投資初心者の方に向けて、配当利回りや株価の推移、また特徴について解説しました。

ぼくも実際に、サイドFIREを目ざしていて、VYMを保有している個人投資家です。当初はキャピタル狙いのS&P500インデックス投資をしていましたが、安定・安心が光るVYMに切り替えました。

この記事を読んで、VYMの魅力に気づき、高配当株投資家への一歩を踏み出してもらえたら嬉しいです。

 
ハピサラ

VYNホルダーになって、いっしょに夢の不労所得を安心・安全にゲットしましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。