車検の無駄整備で損しない方法【ファクトチェック済み】

「なんか車検代って高くない?」
「でも、詳しくないから断れない」

僕も車に疎く、整備士さんにはすべて「Yes!」

・車のことが良くわからない方
・車検に不信感のある方
・楽に損を回避したい方
次回の車検で楽に損を回避できる

「車のことわからないって言ってたけど、記事の信ぴょう性に問題ない?」

そこは大丈夫
きちんと有識者にファクトチェックしてもらいました

有識者3名によるファクトチェック
①元ディーラー整備士の方
②元走り屋の車好きの方
③外車2台持ちの車好きの方

車検で無駄な損をしない方法まとめ

その答えはただひとつ

無駄な費用を回避すること

そのために取るべき行動

町の整備工場に依頼する

整備工場での車検手順はたったの3ステップ

  1. 見積取り
  2. 予約
  3. 車検

「いちいち車検整備工場さがして連絡するのが大変・・・」

一番楽な方法は車検サイトの利用です♪

僕のおススメは楽天車検です

次の車検で損をしたくない方はネット予約してみましょう

「そもそも何で整備工場なの?」

その理由を今から説明していきます

車検での無駄な費用

無駄かどうかを判断するためには費用の内訳を知ることが大切です

車検費用の内訳

次の2つです

  • 車検費用
  • 整備費用

車検費用での無駄

車検費用の内訳は次の通りです

  • 検査代
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 印紙代=車検代金
  • 代行手数料(依頼先によって差ある)

ここの代行手数料がディーラーと町の整備工場で異なり、費用に差が生じます
基本的には以下の関係が一般的です

ディーラー代行手数料 > 町の整備工場の代行手数料

少しでも安く済ませたい方は町の整備工場に依頼しましょう

その際はやはりネットが簡単です

手順は2つのみ

  1. 車検予約サイトで検索比較
  2. 予約

僕のおすすめの車検サイトは楽天車検です

取り扱い工場数が多いし操作がし易いです♪

車検の整備費用

車検での無駄な費用の本丸はこの整備費用です

代行手数料の差と比較すると

整備費用 >>>> 代行手数料の差

この整備費用の無駄を回避するだけで数万円安くできます

車検での無駄な整備を断れない理由

整備も2つに分かれます

  1. 車検通過のため必須の整備
  2. 車検通過に無駄な整備

1は不備があると車検通らないので仕方なしです

それに対して2は、車検に関係ない上に車検ごとに交換する必要はほぼなし
すなわち無駄な整備費用です

「じゃあ、断ればいいじゃん!」

正直、車好きの方でないと断るのは無理です

だってバリバリの整備士に、
「○○はブレーキ部品で怖いから交換おすすめします!」
「△△は車検ごとに交換が一般的です!!」
「□□、すごく汚れてますよね?交換しときますね!!!」
・・・

とまくしたてられたら断れません

僕は実際に断れませんでした・・・

車検の無駄整備リスト【2020年1月】

実際に、整備士さんにまくしたてられてすべて「Yes!!」と答えるとどれくらい損するでしょうか?

僕の実体験を例に見ていきましょう(2020年1月)

愛車ワゴンRのスペック

  • 年式:2015年(※広瀬すずがCMする前のモデル)
  • 走行距離:4万キロ

5年目の車検でした

交換した部品を費用と要否(〇or✖)で見ていきましょう!

  • ブレーキフルード:3960円 〇
  • バッテリー:13178円 〇
  • ホイルシリンダ・ピストンキット交換:8250円 ✖
  • クーラントチャージ注入:2200円 ✖
  • ラジエーターキャップ交換:1650円 ✖
  • CVTフルード交換:9900円 ✖
  • エアコンフィルター交換:4400円 ✖(臭ってない)
  • ワイパーゴム交換:1210円 ✖
  • ハイフレア:990円 〇

✖のついた無駄な整備のおかげで27,610円も損してしまいました

過去に戻れるのなら全て断りたい・・・

では、どうしたら無駄な整備を回避できるのでしょうか?

一緒に考えていきましょう

車検で無駄に損をしたくないなら町の整備工場

タイヤの整備

ここまでを簡単にまとめます

車検で損する仕組みは次の2つ

  • ディーラー代行費用 >>> 町の整備工場代行費用
  • 無駄な整備

「無駄な整備はどうやったら回避しやすいの?」

答えは簡単

無駄な整備も町の整備工場で回避できる

では、ディーラーで車検を頼むと無駄な整備をされるのはなぜでしょうか?

ディーラーが無駄な整備をする理由

「なぜあんなに新車で値引きできるんだろう?」

はい、ディーラーは新車販売では儲かりません

ではどこで儲けているのか?

それは次の5つです

  • 分割ローンの金利
  • 点検・車検・その他整備
  • 自動車保険の代理業務
  • 中古車販売
  • JAF・携帯販売・クレジットカード

新車は儲けのプラットフォームの役割なんですね

5つの中でディーラーが儲かる確率が一番高いもは何かわかりますか?

そうです、点検・車検・その他整備です
理由は必ず定期的にすべて車が実施するから

そして会社大きくなればなるほど整備士のノルマの厳しくなるのは容易に想像できますね

それは必死になって交換を勧めてくるわけですね

参考:悪質なディーラー整備士の言うことを真に受けるな!初心者と女性をカモにする脅しのテクニックを暴露

悪質なものになると本当にひどいものあるようです
みなさん、気をつけましょう

車検はネット予約がおすすめ

車検で無駄な整備による損を回避できる町の整備工場

「じゃあ、次の車検を早速予約しよう♪」

自分で探すときのデメリットは次の2つ

  • 価格の比較が大変
  • そもそも町の整備工場が見つからない

理由は、町の整備工場は自社のホームページをもっていないことが多いから

そんな時、ネットの車検サイトは本当に便利です

今なら車検実施で楽天ポイント1500Pもらえるみたいですね(※2020年1月26日)

車検で損をしない他の方法

車検代が込みの自動車のリースであれば無駄な整備による車検代は回避できます

車検代込みでリースできる会社は次の通りです

車検の無駄整備で損しない方法まとめ

その答えはただひとつ

無駄な費用を回避すること

そのために取るべき行動

町の整備工場に依頼する

整備工場での車検手順はたったの3ステップ

  1. 見積取り
  2. 予約
  3. 車検

「いちいち車検整備工場さがして連絡するのが大変・・・」

一番楽な方法は車検サイトの利用です♪

僕のおススメは楽天車検です

次の車検で損をしたくない方はネット予約してみましょう

それでは、今日も楽しくハッピーな1日にしましょう