ハピサラブログは、凡人パパリーマンが仕事の悩みを解決しつつ、資産形成で健康にサイドFIREを目ざすブログです♪

会社員の最強メリット8選とこれからの戦略→足りないのは○○だけ!

 
なやむくん
「会社員はオワコンだ!」って言われてて悔しいです。フリーランスに負けないメリットを知りたいです。とは言え不安もあるので、会社員はこれからどんな戦略を取ったらいいですか?

この記事では、こんな悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • 会社員のメリット8選
  • 会社員のデメリット6選
  • 会社員のメリットが多いのに不安な理由【存在意義】
  • 会社員のメリットを活かしたこれからの戦略

 本記事の信頼性

日系大手企業の36歳バリバリの会社員
会社員のメリット使い倒して安定で幸せな日々
年収は986万円ほど

「会社員なんてオワコンだ!」って言われて悔しいけど、かと言って自信を持って会社員をやれていない方に向けて、会社員のメリット・デメリット、またこれから取るべき戦略について解説します。

実際にぼくは、日系大手企業でバリバリの会社員をやっていますが、メリットを使い倒して毎日楽しく過ごせています。

この記事を読めば、今日から自信をもって会社員人生を送れるようになりますよ。

 
ハピサラ
「オワコンだ!」って言う人達って会社員が羨ましいだけかもしれませんよ。それくらいメリットがたくさんあるので一緒に理解して使い倒しましょう♪

本当に自分が将来あるハイクラス人材なのか知りたい方は、まず登録して面談まで進んでみましょう。意外と自分で考えてるより、市場価値が低いかもしれませんよ(笑)

\ 登録3分で相談無料 /

※実力に自信がある方だけで進みましょう

実力が不安な方は、ビジネス知識を基礎からしっかり勉強しましょう。MBA経営大学院のグロービスが運営する動画学習サービス「グロービス」学び放題なら、スマホでサクッとすきま時間に驚くほどハイレベルの知識がインプットできますよ♪

\ 登録3分で7日間無料 /

※10万人があなたの先を進んでいますよ

目次

会社員のメリット8選【フリーランスと比較】

会社員のメリットを一言でいうと「最強の防御力」。

会社と言う組織の看板が付いたゴツイ「盾」を持たせてもらっているイメージです。この盾が、社会の厳しさから優しく守ってくれて、時には面倒事もやってくれています。

僕たち会社員は、この最強の盾にに守られつつ、時にはぶん回して戦っている訳です。

メリット①:『固定給が毎月入って安定』

会社員であれば、毎月決まった日になれば黙っていても固定給が支払われます。

例え仕事していなくても、会社が倒産したりあなたがリストラされない限りは未来永劫決まってもらえるベーシックインカムみたいものですよね。

 こんな人でも固定給が入る

  • 仕事が獲れない上司
  • 仕事を下に振るだけの先輩
  • 仕事から逃げてばかりの後輩
  • 寝てるだけの窓際おじさん
  • 噂話しかしないお局さん

実際に僕の周りにも、加湿器のスイッチを押すだけで、あとはひたすらネットサーフィンしてるだけのおじさんがいますが、もちろん毎月お給料をもらっています。

会社員の最大のメリットは、固定給が毎月入ることで間違いありません。

メリット②:『社会保険で会社と国に守られている』

フリーランスと比べて、会社員の社会保険の制度がめちゃくちゃ充実していて、さらに会社が負担してくれている分もあります。

 社会保険の種類

  • 『医療保険』:けがや病気など
  • 『厚生年金保険(年金制度)』:年金受給
  • 『介護保険』:介護が必要な人
  • 『雇用保険』:失業手当など
  • 『労災保険』:業務中・通勤中の怪我や病気など

特にメリットの大きい「健康保険」と「年金制度」について紹介します。

①『医療保険』でのメリット

医療保険はご存じの通り、怪我や病気で病院に掛かった時に、医療費の一部や全額を負担してくれるもの。

 
ハピサラ
病院での支払いが3割負担で済んでいるのはこのお陰です♪

 医療保険違い

  • 会社員:『健康保険』(会社が加入している保険組合)
  • フリーランス:『国民健康保険』

 「健康康保険」と「国民健康保険」の違い

健康保険(会社員)国民健康保険
保険料負担半分(半分は会社負担)全額自己負担
扶養制度被扶養者も無料で加入世帯単位で加入
傷病手当あり(標準月額3分の2)なし
会社員は保険料を半分負担してもらえる上に、配偶者や子供たちも収入が130万円未満であれば無料で保険加入できます。

さらに傷病手当が最長で1年6カ月もあるので、もしもの時も手厚くて安心です。

②『年金制度』でのメリット

 年金制度の違い

  • 『会社員』:国民年金 + 厚生年金
  • 『フリーランス』:国民年金

年金保険料は月ごとに給料から天引きされていて、低率で18.3%になっています。

 
なやむくん
会社員の方が年金をたくさんもらえるけど、その分多く取られちゃうならメリットじゃなくないですか?

一番のメリットは、厚生年金の保険料の半分は会社が負担してくれている点です。

これは実質的に給料が会社が納めてくれている額分アップしているのと同じで、さらに年金の受給額もフリーランスと大きく差が出ます。

次の条件で簡単にシミュレーションしてみますね。

  • 厚生年金40年加入
  • 月収換算42.8万円(年収約500万円)

 会社員とフリーランスの年金受給額の違い

会社員フリーランス
国民健康受給額月6.5万円 月6.5万円
厚生年金受給額 月9.1万円 なし
 
ハピサラ
会社員は会社と国から優先的に守ってもらっていることを実感できますね♪

参考:こんなに違う! フリーランスと会社員の社会保障制度|ファイナンシャルフィールド

メリット③:『福利厚生が豊か』

会社員は福利厚生が豊かで、いろんな手当が付きまくります。

 会社員の福利厚生

  • 残業手当
  • 住宅手当
  • 通勤手当
  • 出張手当
  • 転勤手当
  • 社員食堂
  • 持ち株会
  • 財形貯蓄
  • 勤続年数に応じた長期休暇 など

福利厚生の良さで会社を決める人もいますよね。

 
ハピサラ
実際にぼくは、出張手当でかなりプラスになっていましたよ(笑)

メリット④:『会社を利用して経験・成長できる』

会社の業務に必要な知識やスキルの習得であれば、書籍の購入やセミナーも会社のお金で受講することもできます。

 
ハピサラ
ぼくも実際に、会社のお金で数十万もするセミナーに出て成長の機会をもらったり、海外の学会で発表したりしてとにかく会社を利用しています。

 会社を利用して得られる経験・成長

  • 資格・学位
  • 書籍の購入
  • 学会・セミナー参加
  • 海外出張・赴任 など

フリーランスだと経費になるとはいえ、結局はすべて自己負担なので頻繁にセミナーにも行けるものではありません。

 
ハピサラ
会社を利用し尽して、どんどん自己実現していきましょう♪もちろん会社に貢献してこそですよ(笑)

メリット⑤:『面倒なことは全部やってくれる』

面倒くさい税金の計算や納税も、実は会社がすべてやってくれています。

毎月であれば「天引き」で自動で引かれていますし、年単位であれば「年末調整」という形で必要書類を提出するだけで処理してくれ、上手くいけばお金が返ってくることも。

これがフリーランスだと収入から経費まで全て自分で仕訳して計算して、さらに確定申告までしないといけないので本当に大変です。

会社はわざわざ専門の部署まで抱えて、あなたの面倒なことを代わりにやってくれています。

メリット⑥:『社会的信用が高い』

会社員は固定給が毎月入ってくるので、社会的な信用度が高いためフリーランスだとなかなか手に入れることができないものがすんなり手に入ります。

 会社員の社会的信用で手に入るもの

  • クレジットカード
  • 住宅ローン
  • 人間関係 など

クレジットカードやローンの審査が割とすんなりパスするのも、会社員が安定してるからこそ。

むしろ煩わしい営業電話が面倒で仕方ないくらいですよね(笑)

 
なやむくん
人間関係もなの?

フリーランスの方が響きがカッコ良いですが、実際に安定して堅実そうなのは会社員の方ですよね?

現実的に考えて、結婚だったりお金を貸す相手として安心するのはどちらかは言わずもがなかと、、、。

メリット⑦:『会社の看板が思いのほか効く』

会社の看板って思っているより力があって、フリーランスとは比較にならないくらい営業のコストが掛かっていません。

 会社の看板のパワー

  • 話を聞いてくれる
  • なんなら相手から来てくれる
  • むしろ接待してくれる など
 
ハピサラ
大企業でさらに顧客であれば看板のパワーは絶大で、こちらが申し訳なくなるくらいの扱いを受けることもあります。

あなたが思っている以上に、会社の看板の恩恵を受けています。

 
ハピサラ
会社の看板の力は絶大な分、それを自分の力と勘違いしないことも大切ですね♪

メリット⑧:『分業で生産性が高い』

会社の規模が大きければ大きいほど分業が進んでいるので、自分の仕事以外のことは他の専門部署に任せることができるので高い生産性を発揮できます。

大企業の場合は人数も多いので、バックオフィス部門が同じ処理を大量にこなすことでコストダウンすることもできますしね。

日本企業の勝算』によると、実際に日本の生産性が低いのは、分業の効果が得られにくい個人事業や中小企業が多いからとも分析されています。

ちなみに著者は、オックスフォード大学で日本学を専攻、ゴールドマン・サックスで日本経済の「伝説のアナリスト」として名をはせたデービッド・アトキンソンさんです。

あなたが自分の仕事に集中できているのは、会社の分業がうまくいってるからです。

会社員のデメリット6選→組織に属するコスト

 
なやむくん
会社員はメリットがたくさんなのに、なんでオワコンって言われんですか?

最強の防御力を持つ「盾」を使わせてもらうためには、それ相応のデメリットも多くて、人によってはメリット以上の負担に感じるからです。

言ってしまえばコストを支払っているようなイメージですね。

デメリット①:『場所や時間に縛れる』

会社員である以上、会社のルールに従って勤務場所や勤務時間が決められるものです。

最近でこそリモートワークが広がりつつありますが、古い体質が抜けきれない会社ほど出社したり勤務時間にこだわるもの。

特に日本人の通勤時間の平均は1時間半と長いので、合計すると一日の大半の時間を会社のために拘束されることになってしまいます。

デメリット②:『煩わしい人間関係から逃げられない』

上司・先輩・同僚・後輩・お客さん、会社員は基本的には全て与えられるもので選べません

残念ながら必ずと言っていいほどモンスターが存在していたり、そもそも人と関わること自体が苦手な人からすると煩わしくて仕方がありません。

 人煩わしい人間関係

  • パワハラ上司
  • 仕事全振り先輩
  • 出来ない同僚
  • 話を聞かない後輩
  • とにかく罵倒してくるお客さん
  • 飲み会で全てが解決すると信じている幹部 など

会社員である以上、人間関係を選ぶこともできないし、逃げることもできないと覚悟しましょう。

デメリット③:『仕事がつまらないことも』

会社員である以上、自分の好きなことを仕事にできることは稀です。と言うかほぼ不可能。

仮に好きな仕事が出来たとしても必ず上司やお客さんがいるので、自分の思い通りに進めることなんて絶対にありえません。

どんなに仕事がつまらなくても、毎月お給料をもらっている会社員である以上はこなしていくしかいくしかありません。

デメリット④:『かっこ悪いイメージが付いている』

会社員やサラリーマンて、かっこ悪いというイメージが定着していますよね。

声が大きく影響力の強いインフルエンサーほど「会社員はオワコンだ!」とか「これからはフリーランスだ!」とか言うので、かっこ悪い風潮はどんどん加速している気させします。
 
ハピサラ
実際にぼく自身が学生の頃、「サラリーマンにはなりたくないなぁ。もっと自由に生きたいな。」なんて思ってましたしね(笑)

デメリット⑤:『搾取され易い』

収入をすべて把握され、さらにありがたいことに税金も天引きで自動で徴収してもらっている会社員。

これって逆の見方をすると、黙って好きに搾取し放題とも言えますよね?

実際に会社員の税金は年々上がっていてます。

平均年収の推移

引用:同じ年収でも「手取り」は15年下がり続けている|DIAMOND online

最近の法改正でも、高年収のサラリーマンを狙い撃ちにして控除枠をなくすなどで、搾取されやすくなっています。

税金は知れば知るほど得するものなので、しっかり勉強して大切なお金を守りましょう。

デメリット⑥:『ゆでガエル』

会社員の一番のデメリットは「ゆでガエル」になること。

 
なやむくん
「ゆでガエル」ってために聞くけど、詳しく知らないです。

「カエルは、いきなり熱湯に入れると驚いて逃げ出すが、常温の水に入れて徐々に水温を上げていくと逃げ出すタイミングを失い、最後には死んでしまう…」

ゆでカエル理論という言葉が喚起するのは、環境変化や危機が進行していることに、実は本人も“気付いている”ことが多いという点です。

気付づいていながら、そのうちに何とかなると楽観しているうちに重大な事態に陥るのです。

引用:ゆでガエル理論|HRPro

もう少し具体的に説明すると

  1. 会社員のメリット最強の防御力の後ろに隠れていることで、
  2. 外の環境変化に気付けなかったり対応できなくなり
  3. 倒産やリストラで人生が台無しになってしまう

というイメージです。

外の環境変化だけでなく、

  1. 会社員のメリットは重くて丈夫で優しい「盾」
  2. 美味しすぎて手放すことができなくなり、
  3. さらに「盾」を使いこなすスキルに適合しすぎて、
  4. 社外では全く通用しないメンタルとスキルになり果てる

というリスクもあります。

社会の変化は大きくて激しいので、盾の後ろにいることに縛られると、盾ごと打ち砕かれてしまいますよ。

会社員のメリットが多いのに辛い理由【大切な役割】

 
なやむくん
こんなにメリットがあるのにやっぱり会社員であることに自信が持てません、、、。

その理由は、今のメリットよりも将来の不安が大きくて、会社員の役割に自信が持てないからです。

理由①:『将来の不安が大きい』

 将来の不安

  • 終身雇用や年功序列制度の崩壊
  • 大企業でもリストラ・倒産するから
  • 人間はデメリットの方を強く感じるから
  • 「オワコン!」の声が大きいから

将来が不安なのは、いままで当たり前と考えてきた「安定」のベースである終身雇用や年功序列制度が崩壊しているのが一番大きいですね。

さらに、日本有数の大企業が倒産したり、最近では黒字でもリストラする大企業も続々。

人間の心理面で考えると、メリットによる「得」にはすぐに慣れてしまい、デメリットによる「損」方を強く感じてしまうのも原因です。

 
ハピサラ
その声を煽るインフルエンサーの声も大きいですしね(笑)
関連記事

  なやむくん 最近、リストラとか倒産とか暗いニュースばかり。将来のことが不安でしかたくて、なかなか眠れません。みんなも不安なのかな?将来の不安への対処法を知りたいです。不安が現実にならないといいのですが、、、。 […]

将来が不安なサラリーマン2
関連記事

 なやむくん 30代まで今の会社で仕事をしてきましたが、将来が不安で仕方ありません。不安の原因もハッキリしないしぼくでも、今から間に合うリアルな解決策を知りたいです。 この記事では、こんな悩みにお答えしま[…]

将来のお金の不安
関連記事

 なやむくん 仕事の先が見えなくて不安で仕方ないけど、みんなはどうなの?今すぐにでも仕事を辞めるべきか悩んでいます。原因と正しい対策方法を知りたいです。 この記事では、こんな悩みにお答えします。 […]

理由②:『会社員の役割に自信がない』

 
なやむくん
そもそも会社員の役割って何なんでしょうか?イノベーションを起こせる訳でもないし、存在自体に自信が持てません。

自信が持てないのは、自分の仕事が人の役に立ってる実感がないからです。

会社組織に属していると、どうしてもお客さんと接する機会は一握りの人たちに限られます。製造業であれば、一つの部品を毎日作るだけだと、実感なんて湧かなくても仕方がありません。

実際にぼくも研究開発の仕事がしていますが、製品化なんて会社員人生で一度あれがば御の字のようなもので、なんなら他の部署からも「無駄飯食い」くらいに思われてます(笑)

 
なやむくん
じゃあ、会社員の役割ってどうやって実感すればよいでしょうか?

会社員の役割は『社会を支える安心・安定のインフラ』

ぼくの答えは、『社会全体を支える安心・安全のインフラ」です。もはや存在して生活しているだけで価値があります。

 会社員が社会のインフラである理由4つ

  1. 割合が圧倒的に多い
  2. 生産と消費の担い手
  3. 税金を真面目に払っている
  4. イノベーターを育て支えている

①『割合が圧倒的に多い』

 日本の労働力

  • 就業者数:6,666万人
  • 雇用者数:5,984万人

引用:労働力調査(基本集計) 2020年(令和2年)12月分結果|総務省統計局

会社員の割合は約89.8%で、会社員が圧倒的に多いのが分かります。

すなわち、日本の社会がこれだけ便利で快適で暮らしやすいのは、圧倒的多数の会社員が一生懸命働いてくれているからです。

また海外にも製品やサービスを輸出して、外貨を稼いでいるのも我々会社員の圧倒的な人数があってこそ。

 
ハピサラ
数の力があってこその日本社会。まさに会社員はインフラです♪

②『生産と消費の担い手』

必死で働いて生産し、お金を日々の生活に使ったり、たまに贅沢して外食したり旅行したりと消費しないと経済は回りません。

圧倒的な人数のいる会社員が、生産してお金を使ってこその経済であることは言うまでもありません。

会社員がしっかり働いて価値を生産し、それをまた会社員消費することで社会を支えるという大切な役割があります。

③税金を真面目に払っている

会社員は天引きで真面目に税金を払っています。人数も膨大なのでその額もめちゃくちゃ大きいです。

この税金あってこその、日本の充実した公共サービスや社会保障などのインフラ。

 
なやむくん
だからこそ、無駄遣いには敏感にならないといけませんね♪

④イノベーションを育て支えている

どんなイノベーションであっても、それを大量に作って大量に消費するのは会社員である私たちですよね。

iPhoneだって、一部のお金持ちにしか買ってもらえなかったらイノベーションにはなりません。

イノベーションだって、結局は会社員が育てて支えています。

 
ハピサラ
「会社員オワコン!」と叫んで支持を得ているインフルエンサーだって、会社員がいてこその影響力とも言えますからね(笑)

【結論】会社員なくして安定な社会なし!

デメリットも多い会社員ですが、会社員が存在しないと社会は安定して支えられませんし、経済も回りません。

ぼくたち会社員は、日々コツコツ仕事をこなし、日々コツコツ生活するだけで、十二分に役割を果たしています。

 
ハピサラ
会社員であることにもっと自信を持ちましょう♪
関連記事

 なやむくん 仕事の目的がわからないのですが、やっぱり「世のため人のため」じゃないとダメですか?目的の役割や見つけ方を難しい話を抜きに知りたいです。 この記事では、こんな悩みにお答えします。 […]

仕事の目的はひとつだけ【大義名分で苦しむのはやめよう】
関連記事

 なやむくん 最近、仕事に「やりがい」を感じません。サラリーマンでも仕事に「やりがい」って必要ですか?やりがいがなくても仕事がうまくいくコツも知りたいです。 この記事では、こんな悩みにお答えします。 […]

仕事にやりがいはいらない理由9つ【本当に必要なこと9個】アイキャッチ画像

会社員のメリットを活かしたこれからの戦略

最強の盾を持っているので、「攻撃力」と「機動力」を高めましょう。

 
ハピサラ
会社員に足りないのは社会を生きていくための『武器』です!
 
なやむくん
具体的にはどうしたらいいの?

答えは、「副業」や「自分の事業」を始めること。会社員でありながら、フリーランスとしても活動するという戦略です。

戦略①:『追い風に乗る』

国としても副業を解禁し、多様な働き方を勧めています。これに乗らない手はありません。

  • 2017年 働き方改革実行計画
    →テレワークや副業・兼業などの実現を目標に設定
  • 2018年 モデル就業規則の改正
    →勤務時間外において、他の会社等の業務に従事可能
  • 2020年 副業・兼業促進に関するガイドラインの改正
    →副業・兼業の時間や健康管理のルール化

これからの日本では、少子高齢化や人手不足などの問題が深刻になり、副業で稼ぐチャンスはたくさんあります。

この追い風に乗って、会社に依存しない「武器」を手に入れましょう。

 
ハピサラ
ぼくも副業でブログやWebライターをして、月に5万円ほど稼いでいますよ♪

戦略②:『収入を分散してリスクを減らす』

副業をすることで収入を分散できるのでリスク分散になり、会社員であることの不安も小さくできます。

なぜなら、万が一会社が倒産したりリストラされても、副業が育っていれば最低限の生活費であれば充分カバーできるからです。

会社員もいつまでも安泰ではありません。

副業という小さくても機動力のある「武器」を育てて、収入の分散をしておきましょう。

戦略③:『自由を楽しむ』

会社員が副業を始める最大のメリットは「自由」であること。

上司もいないので、誰の指示にも命令にも従う必要がありません。ハンコリレーも不要。全て自分の意思で決めて、好きに行動できます。
 
ハピサラ
大変で嫌になれば辞めても問題ありません。なぜならあなたは会社員で、たくさんのメリットを受け取っているからです♪

会社員のメリットを活かして、たくましく生きていこう:まとめ

 
なやむくん
「会社員はオワコンだ!」って言われてて悔しいです。フリーランスに負けないメリットを知りたいです。とは言え不安もあるので、会社員はこれからどんな戦略を取ったらいいですか?

この記事では、こんな悩みを解決してきました。

 会社員のメリット8選→最強の防御力

  1. 固定給が毎月入って安定
  2. 社会保険で会社と国に守られている
  3. 福利厚生が豊か
  4. 会社をりようして得られる経験・成長
  5. 面倒なことは全部やってくれる
  6. 社会的信用が高い
  7. 会社の看板が思いのほか効く
  8. 分業で生産性が高い

 会社員のデメリット6選

  1. 場所や時間に縛られる
  2. 煩わしい人間関係から逃げられない
  3. 仕事がつまらないことも
  4. かっこ悪いイメージが付いている
  5. 搾取され易い
  6. ゆでガエル

 会社員のこれからの戦略→武器を手に入れる

  1. 副業の追い風に乗る
  2. 副業で収入を分散してリスクを下げる
  3. 副業で自由を楽しむ
 
ハピサラ
「オワコンだ!」って言う人達って会社員が羨ましいだけかもしれませんよ。メリットを活かしつつ、しっかり前進して会社員ライフを楽しみましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。