仕事から逃げたい30代が間違ってない理由【正しい逃げ方4ステップ】

 
なやむくん
仕事が辛くて逃げだしたいって、30代にもなって間違ってますか?逃げて良い理由と逃げた結果どうなるのか、また正しい逃げ方が知りたいです。

この記事では、こんな悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • 仕事から逃げたい30代が間違ってない理由
  • 仕事から逃げたい30代はどうなるか
  • 仕事から逃げたい30代になる原因
  • 仕事から逃げたい30代向け正しい逃げ方

 本記事の信頼性

30代の日系大手大企業のサラリーマンですが、入社一年目から転職サイトに登録し、実際に戦略コンサル業界への転職活動も経験しました。毎日逃げることを考えコツコツ準備中です。

毎日仕事が辛くて逃げだしたい30代の方に向けて、間違いじゃない理由や正しく逃げる方法を解説します。

実際、仕事から逃げたい30代は間違いじゃありません。自分の人生が一番大切だし、会社は絶対に守ってくれないですからね。

この記事を読めば、逃げていい理由に納得できて、今日からしっかり逃げる準備が始められますよ。

 
ハピサラ
しっかり逃げて幸せを掴みたい人は、最後まで読んでみてください♪

仕事から逃げたい30代が間違ってない理由

「仕事から逃げたい!」という30代のあなた。その考えは間違っていません。

理由は、自分の人生が一番大切で、さらに会社は絶対に守ってくれないから。

  1. 逃げずに心身壊したら本末転倒
  2. 代わりはいくらでもいる
  3. 潰れない会社などのない
  4. 簡単にリストラされる
  5. 35歳もチャンスがいっぱい

それぞれみていきましょう。

仕事から逃げたい30代が間違ってない理由①:
『逃げずに心身壊したら本末転倒』

逃げずに身体やメンタルを壊したら、本末転倒です。取り返しがつかないことも多いですし、最悪のケースだって誰にだって襲ってきます。

本来、仕事は幸せな人生を送るための手段であって、目的ではありません。

手段のために目的を壊してしまうなんて、むしろそっちの方が絶対に間違いです。

仕事で余裕がなくなってきたなと感じたら、迷わずに逃げ出しましょう。

>> 仕事で余裕がない人は誰からもモテません【原因5つと解決7ステップ】

仕事から逃げたい30代が間違ってない理由②:
『代わりはいくらでもいる』

 
なやむくん
でも、ぼくが逃げたらみんなが困ると思うんですが。

断言します。会社は絶対に困りません。

理由は、会社組織で代わりがいない人なんていないから。これは大企業であればあるほど言えることです。

ぼくの近くでもちょくちょくありますが、絶対的なエース社員なんて、もっと待遇いいところに転職するし引き抜かれますよ。

その度に「絶対仕事回らないわぁ!」って騒いでますが、結局いつも何事もなく回っています。

 
ハピサラ
会社にはあなたの代わりはいくらでもいます。でも大切な人にとっては代わりはいません。どんどん逃げちゃいましょう。

仕事から逃げたい30代が間違ってない理由③:
『潰れない会社などのない』

どんなにあなたが頑張っても、潰れない会社などありません。

潰れそうな会社にから逃げ遅れると、

①給料減る
②モチベーションダウン
③退職者増える
④仕事は増える
⑤毎日クタクタ

となり、好待遇の転職チャンスを逃すことになります。

潰れない会社などないので、チャンスのあるうちに逃げましょう。

仕事から逃げたい30代が間違ってない理由④:
『簡単にリストラされる』

30代にもなると会社がリストラするハードルが下がります。

  1. 管理職はリストラ対象
  2. 最近は30歳以上が希望退職候補
  3. 海外なんてレイオフ当たり前

会社もどんどん変化しないと生き残れない時代。変化についていけないのは年寄り。30代だって場合にはよっては余裕で年寄りです。

会社都合でリストラされる間に前に、しっかり逃げる準備をしておきましょう。

仕事から逃げたい30代が間違ってない理由⑤:
『35歳以上もチャンスがいっぱい』

最近、「転職35歳限界説」は崩壊しつつあります

次のデータを見て下さい。

36歳以上の転職紹介人数の比較(2012年度上期:3,202人、2018年度上期:8,500人)

参考:「35歳限界説」はもう古い?35歳以上の採用が急増している4つの理由

転職紹介数はどんどん上がっています。持っているスキル次第ではむしろ給料アップだって夢じゃありません。

今よりいい環境で高い給料をもらえるなら、逃げても誰も文句いいませんよ。

仕事から逃げたい30代はどうなるか

 
なやむくん
実際に逃げるとどうなるの?逃げなかった場合も合わせて知りたいです。

どうなるのかを知らないと不安になりますよね。

  • 逃げなった人
  • 逃げた人

それぞれの行方をみていきましょう。

仕事から逃げ代30代はどうなる①:
『逃げなかった人』

逃げなかった人の口コミを見てみましょう。

逃げないメリット

逃げなかった場合、次のメリットがあります。

  • 今の仕事で大きな成果が出た
  • 昇進して給料がアップした
  • 環境が良くなって逃げたくなくなった

他力本願にはなりますが、自体が好転する可能性も否定はできませんね。

逃げないデメリット

逃げないデメリットは次の通り。

  • 心身壊した
  • 会社が潰れた
  • リストラされた
  • 環境がもっと悪くなった

逃げたい環境がよくなることは非常に珍しいこと。すご腕経営者が来てV字回復みたいなことでもないと、ほぼ不可能ですね。

仕事から逃げ代30代はどうなる②:
『 逃げた人』

逃げた人や賛成の人の口コミです。

https://twitter.com/muriponkotsu/status/1305870201813110785

逃げたメリット

逃げたメリットは次のものが挙げられます。

  • 心身が楽になった
  • 好きな仕事を見つけた
  • 良い会社に巡り会えた
  • 給料がアップした

しっかり準備して正しく逃げれば、メリットはいくらでもありますね。

逃げたデメリット

逃げたデメリットももちろんあります。

  • 逃げ方が悪く揉めた
  • 前の会社の方がマシだった

しっかり準備しないと、もっと逃げたくなる可能性もあるので注意しましょう。

仕事から逃げる逃げない、どっちが正解?

 
なやみくん
メリットもデメリットもあるけど、逃げる、逃げないどっち正解なの?

逃げるにふさわしい理由があり、しっかり準備して正しく逃げれば正解です。

逆に、逃げるにふさわしくない理由で、思い付きでだけで逃げると不正解になるかもしれません。

とは言え、心身が限界であればとにかく逃げるが勝ちなのは間違いないです。

仕事から逃げたい30代向け正しい逃げ方

正しい逃げ方のステップは4つ。

  1. ちょっと逃げて時間作る
  2. 自己分析
  3. 自己投資
  4. 逃げる

順番に解説しますね。

仕事から逃げたい30代向け逃げ方①:
『ちょっと逃げて時間作る』

逃げるために、まずはちょっと逃げて時間を作りましょう。

理由は、逃げるためにはしっかりとした準備が必要で、そのために時間が必要だから。さらに言うと、冷静な分析と判断が必要になるので、心に余裕を作る必要があるからです。

まずは、日常の小さなことから。

  • 雑談
  • 飲み会
  • 定例会議
  • 無駄な報連相

可能なら思い切ってみましょう。

  • ノー残業
  • 有給休暇
  • 休職
 
なやむくん
周りの目が気になって、できる自信がありません。

大丈夫、絶対にできます。

逃げる気でいるなら何も怖くありませんし、自分の人生を守るためならなおさら。

将来の大逃亡の準備のために、まずはちょっと逃げましょう。

仕事から逃げたい30代向け逃げ方②:
『自己分析』

しっかり自己分析して、自分の本心と能力を把握することが大切です。

これを疎かにすると、

  1. 逃げる目的とビジョンと目標
  2. 経験とスキルの棚卸
  3. 市場からの評価

逃げる目的とビジョンと目標

逃げる目的と、逃げた後の人生で生きていたいビジョン、そして目標を明確にしましょう。

目的はシンプルで、もっと幸せになること。
 
なやむくん
目的はわかるけど、ビジョンってなんですか?

ビジョンは、幸せな状態を具体的に描くこと。

イメージしやすいように、ぼくのビジョンを紹介します。

 家庭編

  • 家族との時間を最優先
  • 庭付き一戸建て
  • 週に一回外食
  • 年に一回は国内旅行
  • 年に一回友人と集まる
  • 子供たちのやりたいことは何でもやらせてあげる

 仕事編

  • 完全在宅
  • 最低でも毎日定時に帰る
  • 土日は休み
  • 年休多い
  • 単身赴任はNO!

こんなビジョンを持っています。

目標は、これを実現するための数値です。

ぼくの場合。

  • 40歳までに本業収入1000万円以上
  • 40歳までに副業収入1000万円以上
  • 毎日自己投資時間2時間

目的とビジョンと目標を実現できなければ逃げる、と決めています。

経験とスキルの棚卸

経験とスキルを棚卸することで、自分ができることをクリアにして人に説明できるようにしましょう。

理由は3つ。

  1. 自分を肯定するため
  2. 履歴書に書くため
  3. 不足を知るため

まずは自分をホメて認めてあげましょう。よく頑張ってますよ!

次に、履歴書に書けるように言語化しリスト化していきましょう。

 
なやむくん
具体的にはどんなことを挙げてけばいいですか?

まずは、客観的な評価。

  • 成果(年1億の受注とか、)
  • 表彰
  • 資格
  • 語学力
  • 論文や特許
  • 海外経験
  • キャリア(出世No.1とか)

次に主観的な評価。これはラベルです。

  • 専門性(業界、企画、会計、開発など)
  • 自分の好きなこと
  • 人からよく褒められたり感謝されること

最後に、ざっくりでOKなので、目標と照らし合わせて自分に不足しているものをリストアップすれば完了です。

市場からの評価

市場から自分の価値がどう評価されるのか知りましょう。

方法は簡単で、転職サイトに登録してエージェントとやりとりするだけ。無料で市場価値を知ることができますよ。

エージェントとのやり取りを繰り返すことで、得られるメリットは次の3つ。

  • 履歴書や職務経歴書の修正
  • おすすめの業界や職種
  • 転職後の年収

自己分析の結果と照らし合わせて、自分の適性や不足しているものを把握しましょう。

おすすめの転職サイトは次のものがあります。

  1. doda
  2. BIZREACH
  3. マイナビAGENT
  4. Geekly

基本登録無料なので、ガンガン使い倒していきましょう。

仕事から逃げたい30代向け逃げ方③:
『自己投資』

 
なやむくん
ちょっと逃げて時間もでき、自己分析で目標との不足分がクリアになりました。もう逃げだしてもいいですか?

不足があってもなくても、次の目標のために自己投資だけは絶対にやっておきましょう。

理由は、逃げ出した先での苦労を少しでも減らすため。

  • 不慣れ
  • 不便なこと
  • 多少の嫌なこと
苦労をゼロにすることはできませんが、前もって準備しておけば軽くすることは可能。苦労が軽い分、逃げて正解だったとより感じることができますよ。

自己投資すべきは次の3つ。

  1. 今までの自分の専門知識や経験のスキル化
  2. 逃げ先候補の専門知識
  3. ビジネス知識
 
なやむくん
今までの経験や転職先の専門知識はわかるけど、なぜビジネス知識が重要なんですか?

ビジネス知識は仕事のOSと一緒。どんな仕事とする上でも共通して使える、ベースの知識とスキルだからです。

ベースがしっかりしていると、どんな分野でもすぐに習得でき、しっかりと成果を出すことができます。

ぼくが絶対的におすすめするのは次の2つ。

  • 論理的思考:考え方の基本中の基本
  • 問題解決:仕事の目的とプロセスそのもの

おすすめ書籍は次の3つ。

 
なやむくん
ビジネス知識ってハードル高いし、正直本だと頭に入りません。サクッと勉強できる方法ってないですか?

動画学習コンテンツがコスパ高くておすすめです。

  • グロービス学び放題:ビジネス知識の基礎とトレンドはNo.1
  • Schoo:ITやWeb、ビジネス知識や趣味まで幅広く学べる
  • Udemy:ITやWeb、プログラミングに強み

グロービス学び放題は登録3分で7日間無料なので、必要な知識だけ一気に詰め込むだけでも十分です。ぼくは年間会員になって、毎日すきま時間でインプットしています。

Schooは生放放送であれば無料で視聴でき、みんなでワイワイ授業のノリで勉強できます。

>> 【不安ゼロ】グロービス学び放題を徹底比較【ビジネス知識ならNo.1】
>> 【実体験】『グロービス学び放題』の無料体験はコスパ無限大だった【登録3分で10日間】

仕事から逃げたい30代向け逃げ方④:
『逃げる』

さあ、準備は万端です。逃げましょう!

最低限の礼儀は忘れずに。

仕事から逃げたい30代が間違ってない理由【正しい逃げ方4ステップ】:まとめ

 
なやむくん
仕事が辛くて逃げだしたいって、30代にもなって間違ってますか?逃げて良い理由と逃げた結果どうなるのか、また正しい逃げ方が知りたいです。

この記事では、こんな悩みを解決してきました。

 本記事のまとめ

・仕事から逃げたい30代が間違ってない理由
・仕事から逃げたい30代はどうなるか
・仕事から逃げたい30代向け正しい逃げ方

毎日仕事が辛くて逃げだしたい30代の方に向けて、間違いじゃない理由や正しく逃げる方法を解説しました。

実際、仕事から逃げたい30代は間違いじゃありません。自分の人生が一番大切だし、会社は絶対に守ってくれないですからね。

この記事を読んで逃げていい理由に納得できたら、さっそく今日からしっかり逃げる準備が始めましょう。

 
ハピサラ
コツコツ準備を重ねて、逃げて幸せをつかみましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。