ハピサラブログは、凡人パパリーマンが仕事の悩みを解決しつつ、資産形成で健康にサイドFIREを目ざすブログです♪

帰宅後の無気力の原因5つと解決法7選【まずは1つでOK!】

 
なやむくん
帰宅する前はやりことがたくさんあるけど、家に帰ると無気力になって何もできません。帰宅後の無気力を解決する方法を知りたいです。気力が出たら何をしたらいいかな?

この記事では、こんな悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • 帰宅後に無気力になる原因5つ
  • 帰宅後の無気力を解決する方法6選
  • 帰宅後の無気力が解決!何をすべき?

帰宅後に無気力になり、やりたいことを何もできないまま一日が終わりそうで不安な方に向けて、無気力になる原因と、今日からできる解決方法を紹介しています。

実際にぼくも、家には寝に帰ってる生活で絶望していましたが、今では帰宅後も無気力にならずに、家族と過ごしたり読書をしたりと充実な日々を過ごせています。

 
ハピサラ

この記事の解決方法を一つでも実行して習慣化できれば、昨日よりも確実に充実した一日になりますよ。

帰宅後に無気力になる原因5つ

帰宅後に無気力になる原因5つ

帰宅後に無気力になる原因は、「帰宅=一日の終わり」と体が覚えてしまい、またそうなるような生活習慣と環境になっているからです。

 
ハピサラ
ありがちな5つの原因に分けて紹介しますね。

原因①:仕事で疲れて切って、ぐったり

仕事が忙しすぎたり、頑張りすぎたりで、精神的にも体力的にも疲れて切っていませんか?

さらに帰宅に時間が掛かったり、ラッシュで人ごみにもまれると、家に帰ることろにはぐったりになるのは当たり前です。

仕事は確かに生きていく上で重要ですが、あくまで人生を充実させるための「手段」でしかありません。

仕事で疲れ切って無気力になり、せっかくの帰宅後の自由な時間をムダにしては本末転倒ですよ。

関連記事

 なやむくん 仕事の目的がわからないのですが、やっぱり「世のため人のため」じゃないとダメですか?目的の役割や見つけ方を難しい話を抜きに知りたいです。 この記事では、こんな悩みにお答えします。 […]

仕事の目的はひとつだけ【大義名分で苦しむのはやめよう】
関連記事

 なやむくん 仕事で目標って大切ですか?仕事に役に立つのなら使いこなしたいです。目標を立てる考え方やフォーマットがあれば知りたいです。 この記事では、こんな悩みにお答えします。  本記事の内容[…]

仕事の目標のメリットと注意点【簡単フォーマットあり】アイキャッチ画像

原因②:そもそも時間がなくて、何もできない

仕事の後に気力が残っていても、そもそも自由な時間がないと帰宅後の楽しみもなくなり、気力は失われてしまうものです。

 
なやむくん
日本のサラリーマンってそんなに時間がないの?

平均的なサラリーマンの自由な時間は、一日3.5時間。

だいたい映画一本見て、ダラッとスマホ眺めてたら終わる長さです。

 サラリーマンの平均時間のいろいろ

  • 通勤時間平均:1.5時間
  • 仕事時間:9.5時間
  • 睡眠時間:6.5時間
  • 準備・食事・入浴など:3時間

引用①:【弁護士監修】平均的な残業時間とは?ランキングや過労死基準との関係を解説!

引用②:通勤時間の平均はどのくらい?通勤がラクになる住まいの選び方を紹介!

引用③:日本の平均睡眠時間

実際は、通勤時間や残業が長くてもっと短い人もいるでしょう。

そもそも忙しすぎて時間がないと、何もできないことに絶望して、せっかく残っていた気力もなくなってしまいます。

原因③:ダラダラが習慣になっている

帰宅してダラダラするのが習慣になっていると、無気力になるのは当たり前です。

無気力だからダラダラするのではなく、ダラダラするから無気力になるから。なんなら、帰宅中からすでにダラダラ無気力モードへ体も気持ちも切り替わっていると、なおさらです。

 サラリーマンの平均時間のいろいろ

  • とりあえず、ソファに寝っ転がる
  • とりあえず、スマホをいじる
  • とりあえず、テレビ見る
  • とりあえず、寝る

この「とりあえず」の行動で、無気力でいない方が無理ですよね(笑)

帰宅後にすぐにダラダラするのが習慣になっていて、その結果、無気力になっている可能性もありますよ。

原因④:やりたいことが多すぎて、疲れる

 
なやむくん
家に帰ったら、がんばって料理して、読書して、テレビも見て、あ、資格の勉強もして、SNSも投稿して、ブログも書いて、やることいっぱいで気力満点!でも、バタバタするだけで何もできません。

やりたいことが多すぎると、やり始める前に疲れたり、やり始めても他のことが気になって続かず、気力が失われていきます。

 やりたいことが多くて疲れる理由

  • やりたいことが多すぎてプレッシャーになる
  • やりたいことを選択するのに疲れる
  • 集中するまでに15分掛かる
  • マルチタスクは無理

「選択疲れ」って知っていますか?

人間って実は何を選択するのに、ものすごい脳のエネルギー(ウィルパワー)消費することが分かっています。

なので、重要な意思決定をすることが仕事の人ほど、ささいなことでもなるべく選択をしないように仕組化しているものです。

  • オバマ前々大統領:スーツは2着だけ
  • スティーブ・ジョブズ:いつも同じ服装

また人間はマルチタスクできない上に、集中するのにも15分は掛かると言われています。

やりたいことが多すぎると、自分にプレッシャーを掛けているのと同じで、やる前から疲れてしまって無気力になるものです。

ウィルパワーについて詳しく知りたいかは、メンタリストDaiGoさんの「
自分を操る超集中力
」がおすすめです。

 
なやむくん
本を読む気力がない~~

オーディブルなら一冊無料で視聴できるので、気力が少なくても聴きながらインプットできますよ。

>> 無料で「自分を操る超集中力」を聴いてみる

原因⑤:病気かもしれません

帰宅後に無気力は、病気かもしれません。

その可能性を感じているなら、この記事で解決できるレベルを超えているので、すぐにしかるべき機関に行って、しっかり見てもらいましょう。
 
ハピサラ
無気力は前兆と考えて、最悪の事態になる前にしっかり対応することをおすすめします!

帰宅後の無気力を解決する方法7選

帰宅後の無気力を解決する方法は、気力に頼らない仕組みを作りです。

そのためには、無気力の原因になっている、今までの「習慣」や「環境」を変えていきましょう。

方法①:仕事で疲れすぎない

仕事を全力でやることは大切ですが、一日の気力すべてを使い切ってしまっては意味がありません。

仕事では仕事に必要な分の気力だけを使い、帰宅後を充実させるためにプライベート分の気力はしっかり残しておくことが大切です。

時間だけでなく、気力の配分まで考えること。これこそがワーク・ライフバランスですね。

仕事で疲れすぎずに、帰宅後のために気力をしっかり残しておきましょう。

方法②:早く帰って時間を作る

無駄な残業や飲み会に付き合わずに、早く帰って時間を作りましょう。

なぜなら、そもそも時間がないと気力があっても何もできないからです。「やりたいことはたくさんあるのに、時間がない!」とストレスを抱えるだけで、どんどん気力もダウンしていきます。

早く帰るための方法は、とにかく自分に取って大切でないムダなことを辞めることです。

 辞めるべきムダなこと

  • 付き合い残業
  • 行きたくもない飲み会
  • 愚痴ばかりの雑談
  • 誰も喜ばない仕事

早く帰る方法として、会社の近くに引っ越す手もあります。

「会社が近いのはストレスになって嫌だ!」と言う人がけっこういますが、そんな人は遠くに住んでいても、帰宅後も仕事のことばかり考えているものです。

とにかく早く家に帰って、時間と精神的な余裕を作りましょう。

方法③:家に帰らない

帰宅後に無気力になるのなら、家に帰らなければOKです。帰宅が無気力スイッチオンになっているのなら、この方法が一番。

外で食事を済ませて、読書や勉強ならカフェで、運動したいならジムなどに直行しましょう。

 
なやむくん
でも、お金が掛かるしなぁ。。。

そもそも仕事でお金を稼ぐ目的は、自分がやりたいことをやるためですよね?それならなんの問題もないはずです。

それに、読書や勉強は自己投資になり、仕事で成果を出すことで十分ペイできます。

運動することで体力を付けたりストレス解消になれば、それも仕事に良い影響になり、生産性が上がり、結局お金として返ってくるものです。

 
ハピサラ
帰宅すると無気力になるなら、家に帰らずそのままプライベートの時間に突入しましょう。家は帰って寝るだけと割り切ると、すっきりするものですよ♪

方法④:やるべきことをさっさとやる

帰宅したらすぐに、食事や入浴などのやるべきことを済ませてしまいましょう。

 さっさとやるメリット

  • 時間ができる
  • 行動することで気力アップ
  • 達成感で気力アップ
  • 習慣化すれば楽ちん
 
なやむくん
すぐに行動できないのが悩みです。ささっと始められるコツってありませんか?

 さっさとやるコツ2つ

  • 帰宅前にやることを決める(ToDoリスト化)
  • 帰宅後にまず5分やってみる

帰宅後にやるべきことを考え始めると気力を消費してしまうので、帰宅する前にやることを決めておくこのがおすすめです。

また、とにかく四の五の言わずに、帰ったらすぐに5分だけやってみましょう。

人間は最初の5分やってみるだけで、行動に気力がつられてアップする生き物だからです。

方法⑤:ダラダラできない部屋にする

 
なやむくん
帰宅後に、バフっとソファに倒れこむのが気持ちよくて、ついついそのまま無気力にダラダラしちゃんですよね。

物理的にダラダラできない部屋にしてしまいましょう。

 ダラダラできない部屋

  • ソファやベットを捨てる
  • テレビを捨てる
  • スマホを切る
  • アプリを消す

帰宅してもどこに行ってもダラダラできない部屋なら、気力を奪われることもありません。

 
ハピサラ
いきなりすべて捨てるのは無理なので、まずはスマホを切るところから始めるだけでも人生変わりますよ♪

方法⑥:とりあえず〇〇を辞める

帰宅したらとりあえずやっている、無気力スイッチをONにする行動を辞めましょう。

 とりあえずやってる無気力スイッチON

  • とりあえず、ベッドに倒れる
  • とりあえず、ソファに倒れる
  • とりあえず、スマホをいじる
  • とりあえず、テレビをつける
  • とりあえず、一杯やる

自分では気づいていませが、いつも当たり前にやっているとりあえず〇〇するが、あなたにとっての無気力スイッチかもしれません。

逆に、無気力にならない行動を習慣化するだけで、帰宅後のプライベートを充実さえることだって可能なはずです。

 
ハピサラ
毎月一つづつでも良いので、とりあえずやってしまっている行動を辞めてみましょう。

方法⑦:朝型に切り替える

 
なやむくん
やっぱり帰宅後の行動が帰られなくて、無気力な生活から抜け出せません!どうしよう、、、。

そんな方は、朝型に切り替えてしまいましょう。

そうすれば、帰宅後に無気力になっても問題ありません。

帰宅後に、

  1. やるべきことをさっさとやって、
  2. ダラダラ時間を過ごさず、
  3. すぐに寝る

だけで、早起きできるので、朝の時間でプライベートを充実させましょう。

 
ハピサラ
朝は脳が一番フレッシュな状態なので、勉強や読書にもってこいの時間ですからね♪

帰宅後の無気力を解決した!次は、何をやるべき?

 
なやむくん
脱・無気力できました!やった!でも、何をやったらいいんだろうか、、、。

生活をもっと充実させるために、気力と時間を大切に使いましょう。

その①:やるべきこと

人生を充実させるために、今まで満足にできなかった次の3つをやりましょう。

  • 趣味
    → 一日が充実して幸福度アップ
  • 自己投資
    → 時間アップ・給料アップ
  • 大切な人
    →家族・恋人・友人との関係性アップ

お金や人生の著書で有名な橘玲さんは、著書の「幸福の「資本」論」で人間の幸福は、

  1. 社会資本:絆
  2. 自己資本:自己実現(成長、成功など)
  3. 金融資本:お金(現金、株式など)

の3つの資本で決まるとし、それぞれを成長させることが大切と言っています。

 
ハピサラ
人生を充実させて幸福になるために、帰宅後の時間と気力をこの3つの資本を成長させるため使いましょう♪

その②:続けるコツ3つ

生活、人生をもっともっと充実させるには、やるべきことを続けることが大切です。

一方で、苦しくなってしまっては続けられないことはもちろん、また無気力な生活に戻ってしまうリスクも否定できません。

気楽に続けるコツは次の4つです。

  • やることを2つ以下に絞る
    →選択に疲れない
  • 帰宅前にやることを決めておく
    →迷わない
  • 違うことをやる(例:勉強1時間、読書1時間)
    →飽きない
  • 一日の分量を小さくする
    →達成感を得られる

帰宅後で疲れているので、なるべく気楽に続けられる仕組みが大切です。

 
ハピサラ
せっかく無気力から脱出したので、そのまま勢いに乗ってもっともっと一日を充実させましょう♪

帰宅後の無気力を解決して、一日を充実させよう!:まとめ

 
なやむくん

帰宅する前はやりことがたくさんあるけど、家に帰ると無気力になって何もできません。帰宅後の無気力を解決する方法を知りたいです。気力が出たら何をしたらいいかな?

この記事では、こんな悩みを解決してきました。

 帰宅後に無気力になる理由5つ

  1. 仕事で精神力・体力ゼロでぐったり
  2. そもそも時間がなくて、何もできない
  3. ダラダラが習慣になっている
  4. やりたいことが多すぎて、疲れる
  5. 病気かもしれません

 帰宅後の無気力を解決する方法7選

  1. 仕事で疲れすぎない
  2. 早く帰る
  3. 家に帰らない
  4. やるべきことはさっさとやる
  5. ダラダラできない部屋にする
  6. とりあえず〇〇を辞める
  7. 朝型に切り替える

 帰宅後の無気力が解決したらやるべきこと

  1. 趣味
  2. 自己投資
  3. 大切な人

 続けるコツ

  1. やることを2つ以下に絞る
  2. 帰宅前にやることを決めておく
  3. 違うことをやる(例:勉強1時間、読書1時間)
  4. 一日の分量を小さくする
 
ハピサラ
この記事の解決方法を一つでも実行して習慣化し、昨日よりも確実に充実した一日にしましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。