Googleアドセンス一発合格の最低スペック(※2019年12月時点)

本記事では、Googleアドセンスに合格したい初心者の方が合格の最低スペックを知ることができます

私が考える合格最低スペックは

  • 文字数1500字以上
  • 役に立つノウハウコンテンツ
  • オリジナル

の3つです

これを概念化してまとめると

  1. 網羅性
  2. 問題解決
  3. オリジナリティ

の3つを兼ね備えたブログサイトであると言えます

あと少しの無謀さですね

本記事を読むと審査申請の心理的なハードルが一気に下がりますよ(笑)

GoogleAdsence審査合格時のスペック

ここではサイトと僕自身のスペックの貧弱さをご紹介します

サイトのスペック

まずは本ブログサイトであるハッピーサラリーマンのスペックを

  • ジャンルとインフラ
  • ブログ記事と行動

の2つに分けて分析します

ジャンルとインフラ

下にスペックを示します

  • ジャンル:ビジネススキル
  • サーバー:エックスサーバー
  • テーマ:WordPress THE THOR(有料)

ジャンルは僕の好きなビジネススキルとおすすめ本の紹介と最初から決まっていました
特にマーケティングして勝てそうとか、儲かりそうとかはなかったです

収益化を考えていたため迷わずWordPressを選択

有料テーマを選択した理由は

  • 有名ブロガーさんが割と有料テーマを使っていたから
  • いずれ有料テーマにするなら最初からでいいや

THE THORを選択した理由は

  • SEO対策が強くプラグインほぼ不要らしい
  • テンプレートが綺麗らしい
  • 複数サイトで使用可能

というものであまり深く考えていません

ブログ記事と活動

インフラが整いいよいよ執筆活動開始です

定量的なものは以下の通り

  • 期間:2019年11月7日~12月24日(1カ月3週間弱)
  • 記事数:19記事(本気記事10記事くらい 他は日記記事)
  • 更新頻度:約2記事/week
  • 文字数:33~7180文字、平均2659.3字
  • 訪問者合計5名(うち2名自分、1名友人(笑))

期間も短いし記事数も多くなく頻度もそこまででもないですね
強みを挙げるなら文字数が多いくらい

文字数と記事数の関係

定性的なものは以下の通りです

  • ほぼオリジナル図面作成使用(Googleスライドで作成)
  • SEO対策なし(THORまかせ)
  • 内部リンク少し
  • お問い合わせなし
  • サイトマップなし
  • プライバシーポリシーなし
  • デザインしょぼい(ほぼデフォルトのままでカスタイズほぼなし)
  • 誤字脱字も散見

図面は一部フリーのイラストを使用していますが、ほとんどのものはGoogleSlideで自作しました

その他に関しては意識して対策したものは何一つありません

デザインなんて下のイメージの通りで、ほぼTHORのデフォルトのままです

しょぼいサイトデザイン

私のスペック

ブログ管理者である僕自身のスペックです

  • ブログ超初心者のWeb音痴
  • HTML, CSS知識はあるがWordPressではいじってない
  • 読み書き好きのおしゃべり好き(ロジカルシンキング、報告書、プレゼンは割と得意)

読み書きは割と好きで得意ですが、それ以外は人並以下のザ・凡人です
文章レベルに関しては僕の記事を読んでみてみなさんが測ってみてください

読んだ本

本を読んで勉強はしていました

リストは以下の通りです

とは言え、ほぼ実践はしておらず知識として少しインプットした程度です

サイトも僕自身のスペックも貧相すぎて合格の理由が良くわかりません(笑)

Adsence審査までの心理フロー

「GoogleAdsenceの審査は4月に入ってから。それまでに30記事書いて、デザインも綺麗にする」

一緒に始めたブログ仲間に宣言したはずなのですが、クリスマスイブの早朝、ポチっと審査申請してしまいました

貧相なスペックの僕が、なぜ宣言を早々と破棄して審査申請したのでしょうか?

審査の1カ月前:GoogleAdsenseの存在を知る

ブログを始めて少し経ち、WordPressのカスタマイズが少しできるようなり記事も少し溜まり始めます

とは言え早くも中だるみの時期が来たため、とりあえずモチベーションアップためにも収益化について情報収集を開始

この時

  • GoogleAdsence審査は非常に厳しい
  • 浪人生たくさん
  • さらに年々厳しくなっている
  • さらに二回目以降は審査が厳しくなる

とネガティブな情報ばかりが頭に焼き付きました

「これは素人がうかつに手を出してはいけない」
まさに”君子、危うきに近づかず”というヤツです

と言うことで「審査申請は4月」宣言をしました

審査申請の1日前:一発合格者のツイートから合格レベルを測る

記事も少しづつ溜まり、書きたい記事も50個くらい溜まり楽しいブログライフを満喫していました

初心者ブロガーさんのツイートを見ると、割と早々と収益化している方々が目につくようになり、目標設定のために少し情報収集を開始

たぶん5分で3人分(笑)

そこで

  • 10~20記事
  • 平均3000文字/記事
  • ポリシー違反なし
  • 最低限のSEO対策

と言うのが最低ラインなんだろうなと勝手に予想

僕のブログは

  • 19記事
  • 平均3000文字くらい(カウントしてなかった)
  • (たぶん)ポリシー違反なし

と言う状態で75%くらいラインに越えているとポジティブに解釈しました

でも前日の夕方でさえ

「なんかイケるかもね」

くらいにしか考えておらず審査申請なんて考えていませんでした

審査当日の朝:とりあえずやっちまうか

@朝4:20

記事を執筆し一息つきました

もう少し時間があるので「Adsenceの審査についてちょっと調べてみよう」くらいの軽い気持ちで調査を開始

親切な解説サイトもあるので5minで審査申請まで行きつき
「とりあずやっちまうか」
と、ポチっとしました

本当に気負いもなく、ほんの少しの淡い期待だけを指に乗せてました

審査当日:キターーーーーー!!!!!

気負いも期待もありませんでしたが、やはり気になるのでちょこちょこメールチェック

ついでにTwitterで結果通知までの時間を調査
早い人で8時間、遅い人は12時間
一発の人もいれば数回浪人している人も

クリスマスイブだったこともあり、家族と幸せいっぱいなパーティーを終え、ふとメールチェックしてみると

合格通知

「キターーーーーー!!!!!(心の中)」

実は内心かなり期待していた自分に気づきました
合格通知を受け取るなんて何年ぶりだろう

なんだか、自分の書いた記事に広告を載せる価値があると評価してもらったと感じすごく嬉しかったです

Googleさんからのクリスマスプレゼントですね

貧スペックなハッピーサラリーマンが考える合格基準

「なぜそんな貧相なスペックでも合格できたの?」
「オレもイケるかもしれない」


ここまで読んでそう思ったあなた
僕自身も全く同じ意見です(笑)

これから一緒に最低スペックについて考えていきましょう

ステップは下の通りです

  1. スペックの項目の抽出
  2. 重要スペックの選択
  3. 採点方式についての考察

Step1 要チェックのスペックの項目を抽出

まずチェックすべきスペックの項目を抽出します
抽出する対象サイトは以下のものをチョイスしました

  • ハッピーサラリーマンのブログサイト
  • 【GoogleAdesense 一発合格 基準】検索で上位3つのサイト
  • ここ最近合格したブロガーさん

検索上位3つのサイトさんは以下のみなさんです

あと参考にしたブロガーさんは下の2つです

まとめると以下の表の通りになりました

一発合格ブログのスペック比較表

項目数は17個です

Step2 合格に重要なスペックをチョイス

次に重要なスペックの項目をチョイスします

重要な項目、本質的な項目ほど3つの視点での重複度が高いはず
ベン図のイメージがしっくりきますね

最低限のスペック

まず大きく下の2つに分けました

  • 順守項目:スタートラインに立つための項目
  • 加点項目:合格基準に到達するための項目

まず順守項目は以下の3つになります

  • 独自ドメイン
  • ポリシー違反なし
  • 著作権違反なし

これは守ってないといくら良い記事を多くかいていても絶対に合格にはなれません
と言うか、違反している時点で倫理的に良い記事ではないですね

次に加点項目として

  • 記事数
  • 文字数
  • 役に立ちノウハウコンテンツ
  • オリジナル画像
  • 更新性
  • 有料テーマ
  • 他の広告なし
  • SEO対策
  • オリジナル記事
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • アイキャッチ
  • 相互リンク

の14項目が挙げられます

この中でも設定していない人がいる項目、または設定しても適当だった項目は加点が低いと考えられます

  • 記事数
  • 更新性
  • 有料テーマ
  • 他の広告なし
  • SEO対策
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 相互リンク

下に示す4項目が最重要であると考えられますね

  • 文字数
  • 役に立ちノウハウコンテンツ
  • オリジナル画像
  • オリジナル記事

この中でもオリジナル画像、オリジナル記事はオリジナリティとして統合すると

  1. 文字数
  2. 役立ちノウハウコンテンツ
  3. オリジナリティ

上記の3つが、GoogleAdesense一発合格の最重要項目であり、最低限満たすべき最低スペックです!

Step3 採点方式について考える

「審査項目が割とはっきりしているのになぜ審査時間にばらつきがあるの?」

この疑問の答えは採点方式にあると考えられます

私の考える採点方式は下のイメージの通りです

この採点方式も大きく2つに分かれると考えると、審査時間にばらつきがあることもなっとくできます

  1. 機械的に採点:順守項目+最重要項目
  2. 人間的に採点:加点項目

①機械的に採点

機械的な採点は基準が明確な下の2つになります

  • 順守項目の採点
  • 最重要項目の採点

ここまでは採点基準も明確なので機械的にチェックしているだけのように考えられます
通知が24時間以内のみなさんはここでササっと合否判定されたと考えると納得できます

②人間的に採点

最重要項目で最低限のスペックには到達しなかったけど「ギリギリおしい!」と言うみなさんは、他の重要項目ではない加点項目を採点されていると予想されます

ここで、

  • 複数人での定性的な採点
  • 時間をおいて修正や成長性を採点

と人間味あふれる定性的なメタ採点が行われているため長い方で1カ月も審査に時間が掛かると考えられます

減点方式ではない

ここまで一緒に考察してきてみなさんもおそらくお気づきだと思います

「GoogleAdesenseの審査は減点方式ではない」

その根拠は、順守項目と最重要項目さえ満たしていれば合格できるからです


ハッピーサラリーマンブログなんて

  • SEO対策なし(THORまかせ)
  • 内部リンク少し
  • お問い合わせなし
  • サイトマップなし
  • プライバシーポリシーなし
  • デザインしょぼい(ほぼデフォルトのままでカスタイズほぼなし)
  • 誤字脱字も散見

ないないづくしで合格できています

減点方式だとすると、いくら最重要項目さえ満たしていたとしても一気に点数がなくなりそうですよね

まとめ

GoogleAdsenseの審査を一発合格するための最低スペックのまとめると下の3つになります

  1. 文字数(平均1500字以上)
  2. 役に立つノウハウコンテンツ
  3. オリジナリティ

これをもっと概念化してまとめると

  1. 網羅性
  2. 問題解決
  3. オリジナリティ

のあるブログサイトです

また二回目以降に難しくなるのは、おそらく基準が挙げられるためより多く加点する必要があるからと考えられます

それでは今日も楽しくハッピーな一日をすごしましょう♪