ハピサラブログは、凡人パパリーマンが仕事の悩みを解決しつつ、資産形成で健康にサイドFIREを目ざすブログです♪

電子書籍を貸し借りする方法【Kindleは?Koboは?】

 
なやむくん
電子書籍で、おすすめの本を貸し借りしたいけど、できるのかな?貸し借りの方法を、注意点とデメリットと一緒に知りたいです。電子書籍のプレゼントとかも素敵ですよね。

この記事では、こんな悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • 電子書籍は貸し借りできる?法律は?
  • 電子書籍の貸し借りサービスNo.1は?
  • 【Kindle】電子書籍の貸し借り方法
  • 【楽天Kobo】電子書籍の貸し借り方法
  • 【honto】電子書籍の貸し借り方法
  • 電子書籍を貸し借りでなく、あげるのも素敵

電子書籍で、おすすめ本を貸し借りしたい方に向けて、そもそも貸し借りして良いのか、また貸し借りの方法について紹介しています。

ぼくも実際に、電子書籍を妻と貸し借りして楽しんでいます。自分では見つけられない新しいジャンルや本に出会えるので、貸し借りって大切です。

この記事を読めば、電子書籍の貸し借りについてモヤモヤが解消でき、電子書籍の使い方の幅が広がりますよ。

 
ハピサラ
電子書籍でも、おすすめ本を貸し借りして、人生をもっと豊かにしましょう♪

とにかくたくさん本を読みたい人は、ぜひ『Kindle unlimited』を無料で試してみましょう。

月980円で読み放題なので、本代を気にせずに読書ライフを満喫できますよ。

\ 30日間は完全無料 /

※200万冊以上が、いつでもどこでも読み放題

忙しくて読書時間を取れない方は、要約サービスの『Flier』で時短しましょう。

\ 7日間は完全無料 /

※1冊5時間が10分に大幅時短

電子書籍は貸し借りできる?法律は?

電子書籍は貸し借りできる?法律は?

電子書籍は紙の書籍と比べて、持ち運びや価格が安かったりと、メリットも多く利用している方も多いと思います。

しかし、紙の書籍では当たり前にやっている、「貸し借り」についてはどうでしょうか?

①【結論】電子書籍は貸し借り、できます!

結論から言うと、電子書籍は貸し借りすることができます。

ただ、紙の書籍と比べると、

  • 貸し借りの方法
  • 法律やサービスごとの規則
  • 貸し借りのデメリット

に違いがあるので注意が必要です。

②電子書籍の貸し借りの方法

電子書籍の貸し借りの方法は、3つあります。

紙の書籍だと、基本は本を渡すしか方法がないので、3つも方法があるのは電子書籍のメリットでもありますね。

 電子書籍の貸し借り方法3つ

  • アカウント共有
  • 端末ごと貸し借り
  • 貸し借りサービスの利用

相手の関係や、自分が利用しやすい方法を選択しましょう。

 
ハピサラ
詳しい方法は、後ほど紹介しますね♪

②法律や規約はどうなってるの?

貸し借りできることと、貸し借りOKと言うことは全くの別問題。

法律であったり、電子書籍サービス会社のルールはどのようになっているのでしょうか?

【法律】貸し借りビジネスはNG

貸し借りの方法によっては、違法行為となり、訴えられるリスクがあります。

 電子書籍の貸し借りに関係する法律

著作者は、その著作物(映画の著作物を除く。)をその複製物(映画の著作物において複製されている著作物にあつては、当該映画の著作物の複製物を除く。)の貸与により公衆に提供する権利を専有する。
電子書籍であっても、紙の書籍と同じ「著作物」であり、貸与する権利も著作者が専有しています。

引用: 第26条の3

なので、著作者と契約せずに勝手に貸し借りするのは、禁止と考えるのが妥当です。

【規約】電子書籍サービスのルールは?

 
なやむくん
じゃあ、電子書籍は貸し借りしない方が良いの?

著作者ときちんと契約してビジネスをしている、電子書籍サービスのルール内であればOKです。

amazonのKindleや楽天のKoboなど、各社電子書籍サービスでは次の規約が一般的です。

 電子書籍サービスの貸し借りに関する規約

  • 家族内ならOK
  • 友人や社内はNG

家族内がOKの理由は、

「借りてきた映画DVDを、リビングでみんなで観るのは禁止できないよね。」

というイメージ。

 
ハピサラ
家族だと、人数も限定的ですからね。

これが友人や社内になってしまうと、

  • 人数が多くなったり、
  • 利用料を取ったりする輩が現れたり

と、著作者やサービス提供会社の利益にマイナス影響が出る可能性の否定できません。

利用しているサービスのルールを守って、楽しく貸し借りしましょう。

③電子書籍を貸し借りするメリット・デメリット

 
なやむくん
電子書籍で、あえて貸し借りするメリットって何かありますか?逆にデメリットもあれば知りたいです。

紙と比べることで電子書籍の貸し借りメリット・デメリットが見えてきます。

メリットデメリット
本を汚されないルールが面倒
ネットで完結できる本の趣味がバレる
貸し借り方法を複数ある

④貸し借りできる電子書籍サービス

基本的には、すべての電子書籍サービスで貸し借りすることができます。 

 電子書籍サービス

貸し借り方法でも紹介しましたが、

  • アカウント共有
  • 端末ごと貸し借り

であれば、どのサービスでも可能だからです。

 
ハピサラ
ここから、特に人気の電子書籍サービスの貸し借り方法について詳しく紹介します♪

【結論】電子書籍の貸し借りNo.1サービス

 
なやむくん
電子書籍サービスも色々あるけど、貸し借りではどこがおすすめですか?

結論は、amazonの「Kindle」です。

理由は、電子書籍の貸し借り方法が一番多いからです。

 電子書籍の貸し借り方法の比較

Kindle楽天Kobohontoなどその他
貸し出しサービス××
アカウント共有〇(6台)〇(無制限)〇(5台)
端末ごと貸し借り〇(専用端末)〇(専用端末)
端末ダウンロード××

貸し借りの選択肢が多いと、それだけで読書体験の共有も広がりますからね。

【Kindle】電子書籍の貸し借り方法

Kindle電子書籍貸し借り

電子書籍サービスでシェアNo.1なのが、amazonの「Kindle」

貸し借りの方法は4つあります。

  1. Kindleのレンタル機能
  2. アカウント共有
  3. 端末ごと貸し借り
  4. 端末にダウンロード

方法①:『Kindleのレンタル機能』

Kindleでは、他社にはない本の貸出サービスが存在します。

Kindle 本のレンタル機能では、読者が Kindle ストア経由で購入した電子書籍を友人や家族に貸し出すことができます。
本は 1 回につき 14 日間レンタルでき、貸し出し中は、貸し手がその本を読むことはできません。
レンタルが可能なのは、Amazon.com で購入した Kindle 本のみです。

引用:本の貸し出し

貸し出し可能な書籍のみで、さらにKindle端末のみという点に注意しましょう。

 貸し出しの手順

  1. 貸し出し可能本が確認
  2. 「この本を貸す」ボタンをクリック
  3. 貸したい人のメアド入力&送信

貸し出し中は、貸し出した書籍が読めなくなることを覚えておきましょう。

方法②:『アカウントの共有』

amazonのアカウントと共有することで、複数の端末で購入した書籍が読めるようになり、貸し借り可能になります。

 
ハピサラ
1つのアカウントで6台まで共有できるので、家族であれば十分貸し借りできますね。

友人や社内の人間になると、規約違反になるのでやめておきましょう。

家族での貸し借りとは言え、次のデメリットがあるのでしっかり対策することをおすすめします。

 デメリットと対策

  • 勝手に購入される
    →購入不可設定(※Kindle端末のみ)
  • 購入した本がバレる
    →クラウドから消去
  • マーカーなどごちゃごちゃになる
    →他の人は禁止にする

家族とは言え、最低限の読書マナーを守ることが大切ですね。

方法③:『端末ごと貸す』

Kindle端末ごと電子書籍を貸してしまいましょう。紙の書籍を貸すのと、まったく同じ感覚です。

 端末ごと貸すメリット・デメリット

メリットデメリット
・紙の書籍と同じ感覚
・何冊でも貸せる
・趣味がバレる
・勝手に購入される
・壊されるかも

紙の書籍と違い何冊でも貸せますが、端末自体が高価でデリケートなものなので、注意が必要ですね。

方法④:『端末にダウンロードする』

端末に電子書籍をダウンロードさせて、貸し借りすることも可能です。

購入した電子書籍の情報がクラウドにあって、実際に読む場合は、端末にダウンロードさせる仕組みを利用した方法です。

貸す人の立場で手順を紹介します。

 端末にダウンロードして貸す手順

  1. 借りる人の電子書籍端末のアカウントをログオフ
  2. 貸す人のアカウントでログイン
  3. クラウドから端末に貸したい本をダウンロード
  4. 貸す人のアカウントをログオフ
  5. 借りる人のアカウントでログイン
  6. 借りる人が書籍を読む
 
ハピサラ
手間が掛かりますが、仕組みを利用した上手な貸し借り方法ですね♪

【楽天kobo】電子書籍の貸し借り方法

楽天kobo貸し借り方法

楽天koboは、amazonのKindleとトップ争っています。

貸し借りの方法は次の通り。

  • アカウント共有
  • 端末ごと貸す

Kindleと比べると貸し借りの方法は少ないですが、アカウント共有ではメリットがあります。

楽天koboでのアカウント共有メリット

楽天koboでは、1つの楽天アカウントで利用できる端末数は無制限です。

amazonのKindleが6台までであったり、その他サービスでも5台程度が一般的な中で、大きなメリット。

注意点としては、やはり家族間でのアカウント共有が原則であること。

 
ハピサラ
家族間で本を貸し借りして、家族みんなで楽しい読書ライフを送りましょう♪

【honto】電子書籍の貸し借り方法

hontoは、漫画や雑誌ではシェアが高い電子書籍サービスです。

貸し借りの方法は次の通り。

  • アカウント共有
  • 端末ごと貸す(専用端末なし)

基本的には楽天Koboと同じですが、専用端末がない点で二大サービスに見劣りしてしまいます。

 
ハピサラ
貸し借りのために、スマホやタブレットをいちいち渡せないですよね(笑)

こんなhontoですが、数年前に「回し読みキャンペーン」と言うなの、貸し借りサービスを期間限定でやっていました。

hontoの回し読みキャンペーン

hontoの回し読みキャンペーン

自分で購入した書籍を、家族だけでなく、友人や会社の人にもシェアできるサービスです。

参考:回し読みキャンペーン

すでに終了しているので、貸し借りサービスは存在していません。残念。

電子書籍を人にあげるのもステキ!

 
なやむくん
貸し借りもいいけど、本当におすすめの本はプレゼントしたいな。電子書籍ってあげられるの?

電子書籍サービスによっては、ギフト購入が可能です。

 電子書籍のギフト購入サービスまとめ

  • Kindleストア(※日本未対応):×
  • ラクラクコミック:〇
  • honto 電子書籍ストア:〇
  • DLsite:〇
  • BOOK☆WALKER:〇
  • Reader Store:〇
  • 達人出版会:〇
  • Apple Books:〇
  • 紀伊國屋書店ウェブストア(Kinoppy):〇
  • まんが王国:〇
  • BOOK☆WALKER Global Store:〇
  • Google Play ブックス(※日本未対応):×

やっぱりKindle本を他人に送りたい!

電子書籍をプレゼントするにも、そもそも相手があげたい電子書籍のサービスを利用していない無駄になってしまいます。

その点、amazonのKindleであれば、シェア率も高いため使用している人も多く、プレゼントすると喜ばれることでしょう。

 
なやむくん
でも、Kindleはギフト購入できないよね。良い方法はないの?

Kindle本ではなく、amazonギフト券を送る方法があります。

ギフト券であれば、好きな本を購入してもらえますし、Eメールタイプであればギフト購入した瞬間に届きます。

そもそも専用端末を持っていないのなら、Kindle専用端末自体をプレゼントするのもアリですね。

 
ハピサラ
紙の書籍しか読んだことのない人であれば、読書ライフがぐっと広がる嬉しいプレゼントです♪

電子書籍を楽しく読むにはコツが必要です。

次の記事を参考にして、電子書籍読書の質をアップさせましょう。

関連記事

 なやむくん 電子書籍を読んでるけど、いまいち記憶に残ってる気がしないんだよね。やっぱり紙の方がいいのかな?でも、電子書籍にもメリットがあるはずだから、上手に使っていきたいな。 この記事では、こんな悩みに[…]

210608電子書籍記憶に残りにくいアイキャッチ
関連記事

 なやむくん 電子書籍って、紙の本よりなんだか読みにくい気がするなぁ。でも電子書籍にしかないメリットもあるし、読みにくさを解決して上手に付き合うコツを知りたいです。 この記事では、こんな悩みにお答えします[…]

210617電子書籍読みにくいアイキャッチ

電子書籍を貸し借りして、読書仲間と楽しもう!:まとめ

 
なやむくん

電子書籍で、おすすめの本を貸し借りしたいけど、できるのかな?貸し借りの方法を、注意点とデメリットと一緒に知りたいです。電子書籍のプレゼントとかも素敵ですよね。

この記事では、こんな悩みを解決してきました。

 本記事のまとめ

  • 電子書籍は貸し借りできる?法律は?
  • 電子書籍の貸し借りサービスNo.1は?
  • 【Kindle】電子書籍の貸し借り方法
  • 【楽天Kobo】電子書籍の貸し借り方法
  • 【honto】電子書籍の貸し借り方法
  • 電子書籍を貸し借りでなく、あげるのも素敵

電子書籍で、おすすめ本を貸し借りしたい方に向けて、そもそも貸し借りして良いのか、また貸し借りの方法について紹介しました。

ぼくも実際に、電子書籍を妻と貸し借りして楽しんでいます。自分では見つけられない新しいジャンルや本に出会えるので、貸し借りって大切です。

この記事を読んで、電子書籍の貸し借りについてモヤモヤが解消できたはずなので、これから電子書籍の使い方の幅が広げていきましょう。

 
ハピサラ

電子書籍でも、おすすめ本を貸し借りして、人生をもっと豊かにしましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

とにかくたくさん本を読みたい人は、ぜひ『Kindle unlimited』を無料で試してみましょう。

月980円で読み放題なので、本代を気にせずに読書ライフを満喫できますよ。

\ 30日間は完全無料 /

※200万冊以上が、いつでもどこでも読み放題

忙しくて読書時間を取れない方は、要約サービスの『Flier』で時短しましょう。

たった10分でエッセンスをインプットできるので、すきま時間で簡単に読破できますよ。

\ 7日間は完全無料 /

※1冊5時間が10分に大幅時短