ハピサラブログは、凡人パパリーマンが仕事の悩みを解決しつつ、資産形成で健康にサイドFIREを目ざすブログです♪

電子書籍が読みにくい理由5つ【簡単なコツ4つで快適な読書】

 
なやむくん
電子書籍って、紙の本よりなんだか読みにくい気がするなぁ。でも電子書籍にしかないメリットもあるし、読みにくさを解決して上手に付き合うコツを知りたいです。

この記事では、こんな悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • けっきょく、電子書籍は読みにくいの?
  • 電子書籍が読みにくい理由5つ【デメリット】
  • 読みにくい電子書籍の最強メリット5つ
  • 電子書籍の読みにくさを解決するコツ4つ

電子書籍は読みにくいけど上手に付き合いたい方に向けて、電子書籍が読みにくい理由やメリット、読みやすくするコツを紹介しています。

ぼくは電子書籍を使い始めて5年経ちますが、読みにくさを上手に克服して、快適な読書ライフを送っています。

この記事を読めば、電子書籍の読みにくさをサクッと解決でき、読書の楽しみ方が大きく広がりますよ。

 
ハピサラ
もっと読書を楽しみたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください♪
\ 30日間は完全無料 /

※200万冊以上が、いつでもどこでも読み放題

けっきょく、電子書籍は読みにくいの?

電子書籍は紙の書籍に比べると、読みにくいと言われることが多いです。

Twitterでも「読みにくい!」ってつぶやきがすぐに見つかります。

実際に、電子書籍のデメリットトップ5でも、堂々の3位です。

 電子書籍に感じるデメリット ベスト5(複数回答)

  1. 装丁や手触り・質感などが味気ない:71.6%
  2. 目が疲れる:70.7%
  3. 読みにくい:62.6%
  4. データが消えてしまわないか不安:42.0%
  5. 読んだ気がしない 27.8%

参考:電子書籍は視力低下につながる? 眼科医の先生に話を聞いてみました!

一方で、読みにくさを感じながらも、しっかりと読んでる人たちもいます。

みんな読みにくさは感じつつも、電子書籍のメリットにつられて読んでいるのが実情ですね。

電子書籍が読みにくい理由5つ【デメリット】

 
なやむくん
そもそも電子書籍ってなぜ読みにくんだろう?なんとなくじゃなくて、きちんと理解したいです。

電子書籍が読みにくい理由は、慣れ親しんだ紙の書籍と違いがあるからです。

 
ハピサラ
読みにくい理由をしっかり理解してこそ、読みやすくなる対策も効果が大きくなります。最後までじっくり読んでみてください♪

理由①:『記憶に残りにくいから』

電子書籍は紙の書籍に比べて記憶に残りにくく、そのためどうしても読んだ気になりません。

読んだ気にならないと、どうしても充実感がなく、読みにくさを感じてしまうものです。

読書の楽しみは、読んでる最中だけでなく読んだ後に

  • 仲間と内容について語り合ったり、
  • 得た知識を実際に使ってみたり、

と、アウトプットする点にもあります。

電子書籍は記憶に残りにくい分、紙の書籍に比べて読みにくいと感じやすいものです。

 
ハピサラ
電子書籍が記憶に残りにくい理由と対策について、詳しく知りたい方は、次の記事をぜひ読んで見てください♪
関連記事

 なやむくん 電子書籍を読んでるけど、いまいち記憶に残ってる気がしないんだよね。やっぱり紙の方がいいのかな?でも、電子書籍にもメリットがあるはずだから、上手に使っていきたいな。 この記事では、こんな悩みに[…]

210608電子書籍記憶に残りにくいアイキャッチ

理由②:『目が疲れるから』

電子書籍は、紙の書籍と比べて目が疲れやすいため、読みにくいと感じてしまいます。

読書は、長い時間、文字に集中する必要があるため、目が疲れやすいとストレスになるからですね。

実際に約7割の人が、「目が疲れそう」とか「視力が下がりそう」というネガティブイメージを持っています。

 
なやむくん
イメージとか、感じてるだけじゃなくて、実際はどうなの?電子ペーパーだと、そこまで疲れないんじゃない?

実際に、目の疲れについて、目に優しいと言われている電子ぺーパーと紙の書籍で比較した調査結果があります。

 電子ペーパーと紙の書籍の目の疲れ比較

電子ペーパーの目への影響
紙の書籍の目への影響

参考:電子ペ ーパで読書した場合の視覚疲労の測定

色々な項目がありますが、「目が疲れる」という点に注目すると、電子ペーパーの方が紙の書籍より目が疲れやすい結果になっています。

スマホやタブレットなどの液晶で電子書籍を使用すると、電子ペーパーよりもさらに疲れやすいことがわかっています。

その理由は、目に刺激の強い「ブルーライト」の量が多いから。

デバイスによるブルーライト強度の違い

参考:まだ電子書籍で消耗してるの?–電子書籍が嫌われる3つの理由を考えてみた

電子書籍は持ち運びに便利ですが、長い時間読むと疲れやすいので、適度に休みながら読むのが大切ですね。

理由③:『技術書など、読みにくい本を読んでるから』

電子書籍では読みにくい、例えば技術書や雑誌などを読んでいるからです。

技術書や雑誌などは、字だけでなく、多くの写真や画像が載っています。

スマホや電子書籍リーダーは画面が小さな物が多いため、その分だけ画像も小さくなり、読みにくくなるものです。

拡大してみることも可能ですが、いちいち操作するのはめんどう。

電子書籍では、技術書や雑誌などの画像が多いものは、読みにくさの原因になるので避けるようにしましょう。

理由④:『読み返すのが面倒だから』

電子書籍は、前のページを読み返したくなったときに、ページ移動の操作が面倒で読みにくさを感じてしまいます。

紙の書籍であれば、本の厚みを頼りにパラパラと読み返したいページにさっと移動可能。

しかし、電子書籍ではいちいちスワイプしたり、チェックしたページを探したりと手間が必要です。

技術書やビジネス書では、前の章の内容を理解しないと先に進めないため、わからない内容は何度も読み返す必要があります。

小説であっても、登場人物を忘れることって意外に多いので、読み返すのが面倒な電子書籍では読みにくさを感じてしまうものです。

理由⑤:『レイアウトが崩れるから』

電子書籍は、もともと紙の書籍であったものを電子化するパターンが多いため、どうしてもレイアウトが崩れて読みにくくなることがあります。

紙の書籍で余白や図の位置などのレイアウトが最適にデザインされているので、そのままのレイアウトで読まないと、どうしても最適な読書体験が得られません。

フォントサイズを変更できたりと便利なメリットはありますが、著者や出版社がデザインした読書体験に最適なレイアウトが崩れてしまうと、どうしても読みにくくなるのは仕方ありませんね。

読みにくい電子書籍の最強メリット5つ【圧勝!】

読みにくさについては、紙の書籍に圧勝の電子書籍。

 
なやむくん
これじゃあ、電子書籍を読む気にならないです。やっぱり紙の書籍が最強なのかな?

いえ、電子書籍には、紙の書籍にはない最強のメリットがたくさんあります。

このメリットを上手に使えている人だけが、紙の書籍だけに縛られることなく、電子書籍でも読書体験を広げていっています。

メリット①:『本の置き場に困らない』

電子書籍は、形を持たないデータなので、置き場に困ることがありません。

紙の書籍だと、本棚が必要になり、買えば買うほど部屋が狭くなっていってしまうジレンマがあります。

ぼくも置き場がないため、泣く泣く本をブックオフやメルカリで売っています。

その点電子書籍であれば、データ容量の制限内であれば、何冊でも持っておくことが可能です。

 
ハピサラ
読んだ本は手元に置いておきたいものですよね。電子書籍なら、所有欲求を満たすのにぴったりです♪

メリット②:『軽くて何冊でも持ち運べる』

電子書籍は、スマホや電子書籍リーダーが一台分の重さで、本を何冊でも持ち運べます。

 紙の書籍の重さ

  • 文庫本:約200g
  • 新書本:約250g
  • 単行本:約300g(ソフトカバー)
  • 単行本:約450g(ハードカバー)

参考:園田書店

 スマホや電子リーダーの重さ

  • スマホ:約200g
  • 電子書籍リーダー(Kindle):約200g

出張や旅行では、本を何冊も読みたいものです。

そんな時に紙の書籍は、冊数に比例して重さも増していき、さらに場所も取ってしまいます。

せっかく読書に使える時間がたくさんあっても、持っていける冊数に制限があると、機会損失です。

その点、電子書籍であれば、何冊もっていっても軽いデバイス一台で済むので、重さや場所で困ることも、読書時間の機会損失もありません。

メリット③:『いつでもどこでも本が購入できる』

電子書籍は、いつでもどこでも読みたいと思った時に、本を購入できます。

外出先で手持ちの本を読みつくしてしまっても、その場で”ポチリ”とするだけで、すぐに読書を続けられるのは、読書好きとしては大きなメリットです。

また待ちに待った新刊も、いちいち書店に行かなくても、自宅で購入してすぐに読めるのも嬉しいポイントです。

 
undefined
とは言え、電子書籍は紙と比べて新刊発売日が遅いこともあるので、注意が必要です。

メリット④:『紙の書籍より安い』

電子書籍は同じ本であっても、紙の書籍より安いのが一般的です。

 小説

  • Kindel(電子書籍):673円
  • 文庫(紙書籍):748円

 ビジネス書

  • Kindle(電子書籍):1386円
  • 単行本(紙書籍):1512円

電子書籍の方が1割ほど安くなっているので、少しでも安く本を読みたい方には、大きなメリットです。

メリット⑤:『読み放題サービスが充実』

 
なやむくん
紙の古本の方が安いから、たくさん読む人にとっては、そこまで大きなメリットではないのでは?

電子書籍は、ブックオフやメルカリなどで購入する古本ほどは安くないのは確かです。

しかし、毎月定額で電子書籍が読み放題の「サブスクサービス」であれば、読めば読むほどお得になります。

 
ハピサラ
サブスクサービスなら、コスパで古本にだって負けませんよ♪

一番有名なサブスクサービスは、amazonの「KindleUnlimited」ですね。

小説からビジネス書まで、月980円で200万冊が読み放題のサブスクサービス。

初めての利用であれば、30日間は無料なので、電子書籍に慣れていない人であっても、気軽にトライできますよ。

>>「KindleUnlimited」を無料で試してみる

 
なやむくん
わざわざ本のサブスクだけのために980円支払うのもなぁ。

amazon Prime会員であれば、無料で「PrimeReading」という書籍のサブスクサービスが利用可能です。

書籍だけでなく、音楽や英語も制限はあるものの聴き放題・観放題なので、興味があれば加入してもいいかもしれませんね。

>>「amazon Prime」が気になる

電子書籍を読みにくさを解決するコツ4つ

□いくら紙の書籍にないメリットがあっても、読みにくいんなら、なかなか読む気にならないなぁ。

電子書籍の読みにくさの理由を解決すれば、電子書籍のメリットを最大限活かすことができて、あなたの読書ライフがより快適になります。

 
ハピサラ
食わず嫌いは本当に損でしかありませんよ!

コツ①:『読みやすいアプリで読む』

電子書籍と一言でいっても、たくさんの種類のアプリがあります。

 電子書籍アプリの一例

□書籍さえ読めれば、どのアプリも一緒でしょ?

アプリによって

  • 配信しているジャンルや冊数
  • ページ送りなどの操作性
  • 付箋やメモ、保存などの補助機能
  • 辞書機能

などの違いがあるので、読みやすさに違いがあるのも当たり前。

なので、自分の読書目的にマッチしたアプリを選んぶことが大切になります。

ちなみにアプリの人気ランキングは次の通りです。

 電子書籍ストア(アプリ)の人気ランキング

  1. Kindleストア
  2. LINEマンガ
  3. ビッコマ
  4. 少年ジャンプ+
  5. 楽天kobo電子書籍ストア

電子書籍の豊富さはもちろん、読みやすさもアプリを選ぶ基準のひとつです。

 
ハピサラ
人気のアプリを選んでおけば、とりあえず安心かもしれませんね。ちなみに、ぼくはKindleユーザーです♪

>>『Kindleストア』で電子書籍を探してみる※アプリは無料

コツ②:『 スマホは見にくいから、電子書籍リーダーで読む』

液晶画面のスマホやタブレットではなく、電子パーパーを使用している専用の電子書籍リーダーで読みましょう。

 電子ペーパー専用リーダーが読みやすい理由

  • 目が疲れにくい
  • 余計なアプリがなく集中できる
  • iPadなどのタブレットより安い

電子ペーパーはスマホに比べて画面が大きく、また目への刺激の強いブルーライトの量も少ないため、目が疲れにくいメリットがあります。

また、読書以外のアプリが入っていないので、SNSの通知などによって集中が切れることがありません。

 
ハピサラ
読書専用のリーダーってぜいたくなようですが、iPadなどのタブレット比べるとお手頃。読書好きには絶対におすすめですよ♪

コツ③:『明るさの差がない環境で読む』

人間の目は、暗いところで明るい物を見ると、疲れやすい仕組みになっています。

これは、暗いところで瞳孔を広げようとするのに、その中で明るい物を見ようとすると、逆に瞳孔を狭めないといけないからです。

電子書籍を読むには、スマホやタブレットなどの光を発する画面を見る必要があります。

なので、なるべく画面と明るさの差が小さい環境で読むことで、目が疲れにくくなり読みやすくなります。

 明るさの差を小さくするコツ

  • 暗い場所で読まない
  • 電子ペーパーの専用リーダーで読む
  • 画面の明るさを小さくする

電子ペーパーであっても、発光している以上は暗い場所で読むことはおすすめできません。

 
ハピサラ
昔から「暗い場所で本を読むと目が悪くなる!」と言われていましたよね。本は電子書籍でも紙でも、明るいところで読みましょう♪

コツ④:『漫画など、読みやすい本を読む』

電子書籍で読みやすい本を読むようにしましょう。

本と一言で言っても、

  • 漫画
  • 雑誌
  • 小説
  • ビジネス書
  • 専門書 など

と多くの種類があります。

このすべてが読みにくい訳はありませんよね。

 
なやむくん
こんなにたくさんある本の中で、みんな電子書籍でどんな本を読んでるんだろう?やっぱり読みやすい物を読んでるよね。

 電子書籍でみんな何を読んでいる?

  • 漫画コミック:86.1%
  • 文字もの:13.9%

参考:電子書籍市場、2019年度は3,473億円Kindleの後を追うサービスは?/インプレス総研調べ

実は、漫画コミックが圧倒的に多数。

このことから、少なくとも「電子書籍で漫画が読みにくい!」とは思っていないことがわかりますね。

どんな本が電子書籍で読みやすく、また逆に読みにくいのかまとめてみました。

 電子書籍で読みやすい本・読みにくい本まとめ

読みやすい本読みにくい本
小説雑誌
文学写真集
教養技術・専門書
ビジネス書(※文字中心)参考書
漫画

文字が中心の本は読みやすく、逆に絵や写真が多く、レイアウトが固定される本は読みにくいです。

とは言え、電子書籍を読むデバイスによるところが大きいのが実情です。

読みにくい本である雑誌や写真集であっても、画面の大きいiPadなどのタブレットであれば読みやすい。

逆に読みやすい漫画であっても、画面の小さいスマホでは、やはり読みにくいものです。

 
ハピサラ
読みたい本の特徴を良く理解して、適切なデバイスを選ぶのが読みやすくするコツですよ♪

電子書籍が読みにくい理由5つ【簡単なコツ4つで快適な読書】 :まとめ

 
なやむくん
電子書籍って、紙の本よりなんだか読みにくい気がするなぁ。でも電子書籍にしかないメリットもあるし、読みにくさを解決して、上手に付き合うコツを知りたいです。

この記事では、こんな悩みを解決してきました。

 本記事のまとめ

  • けっきょく、電子書籍は読みにくいの?
  • 電子書籍が読みにくい理由5つ【デメリット】
  • 読みにくい電子書籍の最強メリット5つ
  • 電子書籍の読みにくさを解決するコツ4つ

電子書籍は読みにくいけど上手に付き合いたい方に向けて、電子書籍が読みにくい理由やメリット、読みやすくするコツを紹介しました。

ぼくは電子書籍を使い始めて5年経ちますが、読みにくさを上手に克服して、快適な読書ライフを送っています。

この記事で紹介したコツを実践して、電子書籍の読みにくさをサクッと解決しましょう。

 
ハピサラ
電子書籍と上手に付き合って、快適で楽しい読書ライフを手に入れましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。