『マーケティング思考力トレーニング』の感想【マーケ・戦略思考の筋トレ】

 
なやむくん
マーケティングって、やってはみるけど効果がなくて、実際、具体的に何をしたらいいかわかりません。

マーケティングや戦略の思考力を、コツコツ鍛える「筋トレ」みたいな方法があれば知りたいです。

この記事では、こんな悩みにお答えします。

結論は、黒澤友貴さんの「マーケティング思考力トレーニング」がおすすめ。

マーケティングや戦略の思考力トレーニング、「マーケティングトレース」が身に付きます。

 本記事の内容

  • マーケティング・戦略の思考力も鍛えられる
  • 良い事例と正しいスキーム・フレームワークで分析しよう
  • 「言語化」で本当に理解しよう
  • CMOになったつもりで次の一手と意思決定しよう

マーケティングや戦略思考が身に付かなくて困っている方に、「マーケティング思考力トレーニング」を紹介します。

良い企業を正しい型で分析することで、たくさんの引き出しをつくることができます。

事例が豊富で、手を動かしながら理解できるので、マーケティング・戦略思考力が身に付きますよ。

 
ハピサラ
5分で読めるので、気になった方は、ぜひ本書を手に取ってみてください♪

『マーケティング思考力トレーニング』とは?【基本情報】

基本情報は次の5つ。

  • 著者:黒澤友貴
  • 出版年月日:2020年2月
  • 出版社:フォレスト出版
  • 値段:1,980円(税込み)
  • ページ数:208ページ

『マーケティング思考力トレーニング』とは?【詳細情報】

詳細な情報次の5つで紹介します。

  1. 著者
  2. 目次
  3. 重要ポイント
  4. 残念ポイント
  5. 無料お試し

著者

黒澤友貴さんは、「ブランディングテクノロジー株式会社」の執行役員。

そして、経営戦略室の室長でもあります。

新卒で同社に入社してからは、中小・中堅企業向けのマーケティング支援に10年間従事。

2018年6月より「日本全体のマーケティングリテラシーを底上げする」をミッションに2000人近くのマーケターが集まる学習コミュニティ「マーケティングトレース」を主宰。

マーケティング思考力を高めるための学習プログラムを作り、全国でミートアップを開催しています。

目次

  • はじめに  ――マーケティングを学びたいすべての人へ
  • 第1章 「マーケティングトレース ―マーケターの筋トレ―」とは何か?
  • 第2章 マーケティングトレースに活用するフレームワーク解説
  • 第3章 マーケティングトレースの事例集
     お菓子のスタートアップBAKEのマーケティングトレース
     2年で10倍の市場規模を作ったBリーグのマーケティングトレース
     経済情報プラットフォームSPEEDAのマーケティングトレース 他
  • 第4章 マーケティングトレースの取り組み方と継続する工夫
  • 第5章 マーケティング思考力で理想のキャリアを築こう

重要ポイント

本書の重要ポイントは4つ。

  1. マーケティング・戦略思考力も日々コツコツトレーニングできる
  2. マーケ・戦略も模倣しまくり引き出しを増やすこと
  3. 本当の理解は言語化すること
  4. CMOの高い視点を持つこと

「マーケティングトレース」の定義は次のもの。

企業のマーケティング戦略を「フレームワーク」で分析し、言語化や図解をしながら鍛える思考力トレーニング。CMOになった想定で戦略の仮定作りまで行う。

残念ポイント

本書の残念ポイントは次の3点。

  • 初心者向け
  • 各フレームワークの説明が薄い
  • 問題定義がない

初心者向け

本書で紹介されるマーケティングの内容自体は、基本中の基本。

  • マクロ・ミクロ要因分析(PEST, 5F, 3C, SWOT)
  • 企画戦略(STP, 4P)

とは言え、一般的なフレームワークで体系的に整理されているので、初心者は最初に読んで欲しい1冊です。

フレームワークの説明が薄い

各フレームワークの説明自体は薄いです。

ですが次で補えます。

  • 本書の事例を読み込み体験理解
  • 実際に使ってみる
  • 他の専門書籍

フレームワークはあくまで道具。

理解より「使いこなし」に重点を置くことで、結果的に理解が深まりますよ。

問題定義がない

各事例の最初に「問題」の定義がありません。

事前調査でここを明確にしていないとムダな分析になります。

ザックリでOKなので問題設定をしてトレーニングすることをおすすめします。

  • 売上を上げる
  • 利益率を上げる
  • 利用者を増やす

無料お試し

無料お試しもあります。

『マーケティング思考力トレーニング』の感想

次の3つで感想を紹介します。

  1. きっかけと読む前の期待
  2. 感想・まとめ
  3. 読了後の変化

それぞれみていきましょう。

『きっかけと読む前の期待』:「マーケティング思考力トレーニング」の感想①

本書を知ったきっかけは、「未経験から始めよう!Webマーケティングを仕事にするセミナー」テツヤマモトさんが結構強めに紹介してたから。

本書に次のことを期待しました。

  • Webマーケティングの基本を知れる
  • マーケティングのトレーニング法を知れる

上の2つの期待はカンペキに満足。

それ以上に得るものがありましたね。

『感想・まとめ』:「マーケティング思考力トレーニング」の感想②

ぼくのまとめは次の通り。

マーケ・戦略思考力も、毎日正しい「型」で繰り返しトレーニングすれば、鍛え上げることができる。意外とみんな知らない。
 
なやむくん
脳筋って本当に鍛えられるの?
意味あるのかな?

あの大前研一さんも著書で同じことをいっていました。

「毎日、通勤中に目についた企業の戦略を3分で考えていた」

ブログの「とにかく100記事書け!」に通ずるところがありますね(笑)

まとめを分解すると次の4つ。

  1. マーケティング・戦略思考力も日々コツコツトレーニングできる
  2. マーケ・戦略も模倣しまくり引き出しを増やすこと
  3. 本当の理解は言語化すること
  4. CMOの高い視点を持つこと

それぞれみていきます。

マーケティング・戦略思考力も日々コツコツトレーニングできる

マーケ・戦略の思考力も筋肉と一緒で、毎日正しい「型」を使ってトレーニングできるというもの。

「型」は次の2つ。

  • 流れ(スキーム)
  • フレームワーク

本書では、この2つを詳細に実例を交えて紹介しているので、繰り返し繰り返し読みなおすことをおすすめします。

実際ぼくも、経営コンサルの転職活動しているときは、毎日目に入るもので「フェルミ推定」のトレーニングしていました。

ついでに、フェルミ推定でおすすめの本を紹介しておきます。

マーケ・戦略も模倣しまくり引き出しを増やすこと

 
なやむくん
ビジネスの世界で「真似」って、実際どうなの?
意味ないって言われてない?

真似の目的は、本質の理解とマーケ・戦略パターンの引き出しを増やすこと。

そっくりそのままパクッて、自分の仕事に使うためではありません。

前提が違うので絶対にうまくいかないので絶対に止めましょう。

イノベーションは新しい「組み合わせ」と言われるくらいなので、マーケティングトレースしまくって、たくさん引き出しを増やしておくことが大切。

ぼくの大好きな経営者・コンサルタントの三枝匡さんは、このパターンのことを「経営の因果律」と読んでいましたね。

「どこかで見た、いつか来た道」とも。

 
ハピサラ
状況に合わせて、組み合わせたり、修正したりしながら、自分だけの商品・戦略を作り出しましょう。

本当の理解は「言語化」すること

「言語化」は、 実はぼくが本書で一番大切と考えるポイント。

ぼくは「抽象化」や「エッセンス抽出」の方がしっくりきますね。

マーケティングトレースすると、多くのフレームワークで分析するのでたくさん情報が得られます。

そこで満足せず、勇気を出して問いかけてみましょう。

「で、それがなんなの?」

この問いに答え続けることで、2つの力が身に付きます。

  • まとめ・抽象化する力
  • 言い切る力(勇気)
 
ハピサラ
抽象化できれば汎用性・応用性が高まり、実際の様々な事例に対して使いこなすことができますよ。

CMOの高い視点を持つこと

分析・言語化結果をCMOとして受け取ったら、次の2つまでやりきりましょう。

  • 次の一手(仮説)作り
  • 意思決定

分析して終わり、ではマーケティングトレースの価値は半減。

「で、どうするの?」と自分に問いかけ、次の一手を作り出しましょう。

そして、CMOとして意思決定して、半年後や1年後に実際どうなったか「検証」することでマーケティングトレースをやり切った、と言えるのではないでしょうか?

『読了後の変化』:「マーケティング思考力トレーニング」の感想③

Schooで黒澤さんの「マーケティングトレース」の授業を即受講しました。

授業は次の点で良かったです。

  • 本よりかみ砕いていて理解しやすい
  • 体験型でその場で実践できる

Schooが気になる方は、次の記事を読んでみてください。

>> Schoo(スクー)は無料登録で生放送が見放題【特典あり】
>> Schoo(スクー)チケットの入手方法2つと動画選び3つのコツ【コスパ無限大】

『マーケティング思考力トレーニング』の口コミ感想

『マーケティング思考力トレーニング』の感想【マーケ・戦略思考の筋トレ】:まとめ

 
なやむくん
マーケティングって、やってはみるけど効果がなくて、実際、具体的に何をしたらいいかわかりません。

マーケティングや戦略の思考力を、コツコツ鍛える「筋トレ」みたいな方法があれば知りたいです。

この記事では、こんな悩みを解決してきました。

結論は、黒澤友貴さんの「マーケティング思考力トレーニング」がおすすめ。

マーケティングや戦略の思考力トレーニング、「マーケティングトレース」が身に付きます。

 本記事のまとめ

・マーケティング・戦略の思考力も鍛えられる
・良い事例と正しいスキーム・フレームワークで分析しよう
・「言語化」で本当に理解しよう
・CMOになったつもりで次の一手と意思決定しよう

マーケティングや戦略思考が身に付かなくて困っている方に、「マーケティング思考力トレーニング」を紹介します。

良い企業を正しい型で分析することで、たくさんの引き出しをつくることができます。

事例が豊富で、手を動かしながら理解できるので、マーケティング・戦略思考力が身に付きますよ。

 
ハピサラ
マーケ・戦略思考を体得したい方は、ぜひ本書を手にっとって見て下さい♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。