その記事、読者に刺さってますか?ブロガーのためのペルソナ分析

「情報発信はターゲット決定が大切で、そのためにペルソナ分析をやろう」

ほぼ全ての先輩ブロガーさんが口酸っぱく言っていますね

なはずなのに・・・

「ペルソナ分析したはずなのに執筆進まない」
「この記事は誰の役に立つんだろう?」


こんな風に迷子になった経験ありませんか?
その原因は”ただの”ペルソナ分析をしているからです

ブロガーがやるべきペルソナ分析は読者の未来に先回りして、パラレルワールドに住む2人を観察してこそ価値がでます

対象読書は下の方々を想定しています

  • ブログ初心者
  • ペルソナ分析に不足不満を感じている方

得られることは以下の通りです

  • ブロガーのためのペルソナ分析
  • 有益なコンテンツの執筆

そもそもペルソナ分析って何?

ここで一度ペルソナ分析とそのベースにあるマーケティングについて紹介します

ペルソナ分析の定義と目的

顧客が完璧に満足する商品開発を目的にし、ターゲット顧客の一人の人生全てを詳細に想像観察する分析手法です

分析項目は以下のようなものが挙げられます

  • 年齢 、性別、血液型
  • 居住地
  • 職業 、年収、貯蓄
  • 最終学歴 、学生時代の活動
  • 生活パターン(起床時間、通勤時間、勤務時間、就寝時間、外食派か自炊派か)
  • 恋人や配偶者の有無
  • 趣味嗜好(好きな本 、映画 、音楽 、芸能人 など)
  • 消費行動
  • メディアとの接し方 (インターネットの利用頻度など)
  • 週末の過ごし方(インドアかアウトドアか)
  • 解決したいと思っている課題やチャレンジ、悩み
  • 口癖

中でも解決したいと思っている課題やチャレンジ、悩みを把握することがブログでは大切になります

以下、参考になるものの引用です

まずはペルソナとは?

ペルソナとは、企業が提供する商品やサービスにとってもっとも象徴的なユーザー像のことです。

その人物が実在するかのように、氏名や年齢、居住地、職業、勤務先、年収、家族構成などといった情報だけでなく、趣味や価値観、休日の過ごし方、ライフスタイルなど出来るだけ具体的にイメージすることが重要です。

具体的なユーザー像を設定することで、ユーザーのことがより理解できるようになるというメリットがあります。

引用元:ROMOBA

次にペルソナ分析は次のように説明されています

ペルソナ分析とは、商品やサービスをアピールする際にターゲットとしてサービス・商品の典型的かつ重要なユーザー像を作るというマーケティング手法の一つです。

ペルソナは理想の顧客そのものではありません。既存顧客の情報やインタビュー、調査データなどの情報から、架空の典型的な顧客像を描きます。ペルソナ分析はあらゆる商品やサービスのマーケティングに活用できます。

購入や資料請求だけでなく、その後のアフターサービスなどにも展開できます。また、購入した顧客が予想しなかった驚きを得ることによって、LTV(顧客生涯価値)を引き上げ、多くの優良顧客を生み出しますことにも繋がります。

引用元:ROMOBA

ペルソナ分析のマーケティングステップでの位置づけ

マーケティングの基本ステップは以下の通りです

  1. PEST分析によるマクロ環境分析
  2. 5フォース分析によるミクロ環境分析
  3. SWOT分析による強みの分析
  4. STP分析によるポジショニング決め
  5. 4P決定
  6. 商品開発&ローンチ

ペルソナ分析はステップ4のSTP(Segmentation-Targeting-Positioning)で実施されます

そもそもブログの役割ってなんだっけ?

ブログの役割は「読者が抱える問題を解決する情報の提供」です

では問題って何でしょうか?その解決って何でしょうか?

答えは、

  • 問題:Gap  = 未来のありたい姿 - 未来の残念な姿
  • 問題解決:Gapを埋める行動

となります

ブログは読者にとっては、テキスト形式の情報提供により問題解決する手段の一つと言えるでしょう

イメージは次の通りですね

問題定義

問題解決に関しては次の記事を参考になります

関連記事

 Name 社会人1年目だけど、何を勉強したらいいの?同僚には差をつけたいし、上司や先輩からはデキる新人って思われたい!そもそも仕事って何? この記事では、こんな悩みにお答えします。 「仕事って何なんだよ~100点[…]

社会人1年目が勉強すべきは問題解決アイキャッチ画像

ただのペルソナ分析の問題点

「確かに読者を良く知らないと問題解決できる情報は提供できない。やっぱりブログにペルソナ分析って大切じゃん」

では、私自身を例に”ただの”ペルソナ分析をやってみましょう

  • 年齢 、性別、血液型:35歳、男性、B型
  • 居住地:関東
  • 職業 、年収、貯蓄:エンジニア、9M¥、5M¥
  • 最終学歴 、学生時代の活動:工学博士、研究しつにひきこもり
  • 生活パターン(起床時間、通勤時間、勤務時間、就寝時間、外食派か自炊派か):参考記事
  • 恋人や配偶者の有無:妻1人、子供3人
  • 趣味嗜好(好きな本 、映画 、音楽 、芸能人 など):読書と仕事
  • 消費行動:服はユニクロ、本はネット購入
  • メディアとの接し方 (インターネットの利用頻度など):毎日
  • 週末の過ごし方(インドアかアウトドアか):家族サービス
  • 解決したいと思っている課題やチャレンジ、悩み:一人称で一生稼げる
  • 口癖:明日会社が潰れるとおもって動け

この分析結果から気づきませんか?

「何の情報提供すべきか分からない・・・」

”ただの”ペルソナの問題点は、現時点の読者の定点観測でしかなく抱える問題、すなわち理想と現実のGapが見えてこないことです

下のような定点観測のイメージがピッタリですね

ただのペルソナ

さあ困りました・・・

ブロガーのためのペルソナ分析の方法

そろそろその正体を紹介しましょう

ペルソナ分析×Ai is / To be分析

現時点の定点ペルソナではなく、残念な未来に生きるペルソナと幸せな未来に生きるペルソナ、すなわちパラレルワールドに住む2人のペルソナを観察分析するのが正しい方法です

このときファシリテーションで良く使われる「As is…/ To be…」分析を使いましょう

As is / To be分析はまんま問題の構造を表に示した直したものです
(参考サイト: As is/To beの具体的な使い方~理想を掲げ問題を見える化にしギャップを埋める方法~

簡単にやった結果がこちらです

As is/To be分析表

ここに存在するひとつひとつのGapが読者が抱える問題になるので、ブログでひとつひとつ解決する記事を書けばペルソナ読者が満足するサイトが勝手に出来上がります

便利ですね!まさにブログのためのペルソナ分析ではありませんか!

”ただの”ペルソナ分析と比較したイメージは次のようになりますね

As is/To beとGap

ブログはこのGapをテキスト形式の情報で解決する道具です

ブログでGapを埋める

さらにこの問題解決は納得する情報なので、納得には読書の疑問にすべて答えることが重要です

問題設定後の記事の書き方は下の記事を参考にしてください

関連記事

本記事は、ブログ記事の目的と目標は決まったけど内容が書けないまとまらないみなさんを、楽々整理するための方法について書いていますその方法の手順は、 目的と目標はクロネさんテンプレートで決めるQ&A発掘・分解グルーピングとラベル[…]

見出しは目的を分解したもの

マーケティングのペルソナ分析とファシリテーションのAs is 分析をクロスさせました

思考法やスキルこそダイバーシティに使うことで威力を数倍にも増すことができますね

素晴らしい!そして楽しい!

さらに使い倒す方法

分析で出た項目をグルーピングしてラベルを貼ってみましょう

この作業によって概念が上がるので、読者の抱える問題がより本質化して見えてきます

このように概念の上下の縦方向、概念の種類の横方向とマトリックスで読者が抱える問題の全体像が完全に見える化完了です

概念が上のものはまとめ記事としてまとめると良いですね

このように勝手にサイトがマトリックス構造に整理できます

ブロガーのためのペルソナ分析のメリット

ブロガーのメリットは

  • 読者の抱える問題=記事ネタが自動で発掘できる
  • 読者の問題に刺さる記事が書ける
  • グルーピングすることでまとめ記事ができる
  • サイトが勝手にWebサイト型構造になる

となり、読者を満足させることができます

まとめ

本記事では、

  • ブログ初心者
  • ペルソナ分析に不足不満を感じている方

を対象として、ブロガーのためのペルソナ分析の方法を消化しました

まとめは次の通りです

  • ただのペルソナ分析は、読者の定点観測で問題が見えてこない
  • ブログの目的はそもそも読者の抱える問題を解決する情報提供
  • ブロガーのためのペルソナ分析はAs is / To be分析とコラボし読者の抱える問題を見える化できる
  • 読者の問題に刺さる記事ネタとサイト構造が自動的に出来上がる

それでは今日も一日、楽しくハッピーに過ごしましょう♪