サラリーマンが月5万円稼ぐ計画【2020年目標】

2020年1月もあっという間にすぎました
1年の12分の1という貴重な時間があっと言う間に

みなさん、2020年の計画の進捗度合いはいかがですか?

僕と言えば、そもそも計画を立てていませんでした(笑)

2020年が始まってから

  • ブログ
  • Twitter
  • ポイ活

など本気で副業を始めて実践を積み重ねる日々

そうすると気づくことが多くて毎日どころか1時間ごとくらいに考えがころころと変化する

【やりたい×やるべき×やれる】がごちゃごちゃ戦っていてとてもじゃないけど計画を立てらませんでした

そんなモラトリアム期も先日終わってやっと2020年1月31日に自分がありたい姿がパシッと見えたのたので、目標と計画を大公開します!!

・ハピサラの計画を知りたい方
・ハピサラの2020年を監視したい方
・ブログ本気でやってみたけどつらくなった方
ハピサラの2020年の目標と計画

月5万稼ぐ計画と目標

ここに宣言します!

目標:2020年中に副業で月5万稼ぐ

次にここに至る計画です

この目標を達成するために必要なものはズバリ2つだけ

  • 時間
  • お金

両方とも自己投資に必須のものですね

時間の確保のために実践すること

  • 本業に掛ける時間を減らす:無駄の削減×効率化
  • 時間を作る:朝活、通勤、すきま時間

お金を作るために実践すること

  • ポイ活
  • Webライター

2020年は長期的に稼ぐのではなく、短期的に軍資金を稼ぐことを目的とします

その軍資金をプログラミングスクールに投入します
その目標金額と期限は?

5月末までに40万円稼ぐ!

月5万稼ぎたいサラリーマンの人生の目的

2020年という1年も人生のうちのほんの一部です
2020年の計画は、人生の目的達成のために1年をどう使うべきかと同じですね

なので「人生の目的」をきちんと考える必要があります

ハピサラの人生の目的

僕の人生の目的は「息子3人と妻といつまでも幸せに暮らすこと」です
家族が増える可能性はありますが(笑)

では幸せの定義ってなんでしょうか?

ハピサラ流幸せの定義

幸せ = 自由 = 選択肢 × 時間

ハピサラ流の幸せの定義は、こんな激動の時代の中でもいつでも自由でいれることです

そんためには選択肢とそれに費やせる時間が大切になります

選択肢は、会社が倒産したりクビになってもその瞬間に代替できる仕事があること

時間は、やりたいことややるべきことがあるときにいつでも自分の意志で投入できる余裕です

なので人生の目標は常に

  • 選択肢を増やすこと
  • 時間を増やすこと

になります

サラリーマンが月5万稼ぐために2019年に達成したこと

僕が2019年に達成したことは時間の確保です

詳細は次の2つ

  • 本業の勤務時間の短縮
  • 自由時間を作る

僕は2019年、残業時間マイナス1年間を達成し本業の勤務時間を誰よりも短縮しました

残業時間マイナスというのは、定時前に帰ってしまうことです

実現のためにやったことは次の2つ

  • 無駄の排除
  • 仕事の効率アップ

自由時間は

  • 朝3時半に起きて朝活(~45min)
  • 通勤電車(片道1h20min)
  • 昼休み(45min)
  • すきま時間(5min)

を積み重ねることで自己投資に使える時間を3hrs確保しました

この時間を今はブログやTwitter運用に投入しています

つまり時間を作って次の稼ぎの選択肢を増やしている状態です

サラリーマンが月5万稼ぐための2020年目標

2019年に時間を作ることには成功しました!

では次は選択肢を作る番ですね

幸い社内であれば今の部門がダメになっても引き取ってくれる部門があるので安心です
(※引き取り候補の部門も潰れないといいのですが)

でももし会社が潰れてしまったりクビなった時に選択肢がありません・・・

「コンビニバイトとかガソスタがあるじゃん、とりあえず」

時間を切り売りする仕事は自由がなくなるため絶対に回避しなくてはなりません

かといって今の自分の専門性を生かして転職できたとしても

  • 給料は下がる
  • 勤務地が変わる、最悪単身

と自由度は確実に下がります
家族と離れて暮らすという選択肢は僕の中にはありません!

そもそも次の仕事までのタイムラグは不自由そのもので幸せではありません

そこで、今時間があるうちに副業として選択肢を育てておく必要がある!という考えに至りました

そもそも僕はモノづくり系の研究・開発・エンジニアですが

  • 業界的に給料が上がらない
  • 時間拘束型
  • 転勤&単身赴任当たり前
  • ニーズが低下している

というのが業界に身をおいて直に感じること

モノづくりはすごく好きで、この道を選んだことに一片の後悔はありません

「あと30年、いや40年、この同じ仕事で満足に飯が食えるか?」

この質問に答えられない自分がいます

やはり、人生の目的達成のためのこの分野での一本足は極めて危険

では新たな選択肢として育てるものは何が良いでしょうか?

モノづくりからWeb系エンジニアへ

次の選択肢は何にすべきか?何がやりたいのか?
と、2018年から考えていました

そして、昨日(※2020年1月30日)やっと
「Web系エンジニアにも、オレはなる!」
と固まりました

正確には、

  1. Webライター
  2. Webデザイナー
  3. Webエンジニア

のホップステップジャンプ戦略です

Web系エンジニアを選んだ理由は次の3つ

  • 自由度が高い(時間・場所)
  • ニーズがあり将来性がある
  • 新しく学ぶことが楽しい

モノづくりエンジニアとしてそれぞれの中身を考えていきましょう

自由度が高いことの嬉しさ

モノづくり系のエンジニアである僕の最大の難点は

会社の設備でしか実験できない

もう本当にこれに尽きます

「これの何が難点なの?」

僕が感じる難点は次の3つです

  • 出社がマスト
  • 設備依存で汎用スキルが身につかない
  • 結果がなかなか出ない

場所も時間も拘束される上、さらに汎用性のないスキルしか身につきません

これって非常に不自由かつリスキーと思いませんか?

その点Web系エンジニアの仕事であれば自由度が高く次のような嬉しさが挙げられます

  • 時間も場所も自由
  • PC1台でOKで汎用スキルが身につく
  • 結果がすぐ出でPDCAが早い

モノづくりは好きなのでそちらは可能な継続しつつ、Web系の仕事でリスクヘッジするのが理想形です

ニーズがあり将来性がある

僕はポジショニングを非常に大切にしています

理由は、ポジションが悪いとそこで何をどう頑張っても人生は良くならないから

ポジショニングを考える時に意識しているのが、【必要×稼げる】の2軸マップです

モノづくりは社会を支える必要なものではありますが、やはり稼げるかと言われると難しいポジションにいます

Web系などのソフト系エンジニアは、必要性はモノづくり同等以上にある上、稼ぐ点でも高いポジショニングを取れます

必要性と稼げるの2軸マップ

事実、世の中がデジタルやヴァーチャルと進化する中、僕たちモノづくり系の仕事は減少しています

「30年後も稼げているか?」

この質問に答えるためには、やはり稼げるセグメントにもポジショニングすることは当然

質問をさらにシビアにして

「5年後も稼げているか?」

とする方が良いかもしれませんね

新しく学ぶことが楽しい

僕の性分は

  • 好奇心旺盛
  • 常に新しいことをやっていたい
  • せっかち

とせかせかネズミのように動き回っています

これに対してWeb系の仕事は

  • 新しくて新鮮
  • 結果がすぐ出てPDCAがどんどん回せる

とベストマッチ

サラリーマンでモノづくりする場合は

  • 新鮮味が薄い
  • 意思決定が遅い
  • 自分のスピード≒組織のスピードでとにかく遅い!

と僕の性分に合いません(笑)

2020年の計画と目標

2020年はモノづくり系エンジニアである僕が、Web系エンジニアになるための大切な1年

この1年の位置づけを明確にするためにも、Webエンジニアになるための全体計画が必要です

Webエンジニアへの全体計画

いきなりWebエンジニアに飛ぶのは本業を持つ副業サラリーマンにはハードルが高い

そのためアーリーでスモールな成功体験と軍資金を積み重ねる計画を立てました

名付けて、「ホップ・ステップ・ジャンプ計画」

  1. Webライターになる
  2. Webデザイナーになる
  3. Webエンジニアになる

2020年は②までを実現することを目標としました

Webデザイナーになるための計画

一番手っ取り早いのはプログラミングスクールに通うことです

理由は次の3つになります

  1. 独学は厳しい
  2. 稼ぐのが目的なんだから稼いでるプロから教わるのが一番
  3. あわよくばメンターになりたい

実は②と③は2018年に独学でやっていのたですが、いかんせん効率が悪く挫折(笑)
なのでやはりスクールに通う方が一番効率が良いという答えに至りました

でもここで課題が浮上

スクールに通う費用がない!!

「上場企業の高給取りなんだからパーッと出せるだろ!」

確かに出せなくはないのですが、そこは家族持ちのサラリーマンの弱いところ

いくら将来の自己投資のためのとは言え、妻の首を縦に振らせることは困難極まりない・・・

しかも過去に株で数十万を消した実績があるので信用ゼロ(笑)

ということで、副業でスクール代を稼ぐ必要があります

2020年上半期の目標

目標の発表です!

□「副業で軍資金40万円を稼ぐ」

副業でスクールの軍資金の40万円を稼ぐ!

この軍資金でTech::academyのWebデザイン+WPに通うのが今の目標(※2020年1月31日)

「副業素人が40万円って結構きびしくない?今までの実績は?」

副業素人とは言え3カ月ブログを運営してきた実績はあります

Googleアドセンスだって一発合格だし、Amazonアソシエイトだって合格してる

でも3カ月で稼いだ軍資金は90円・・・
さすがにこのままのペースだと40万円は無理だろ・・・

なのでブログは長期計画と割り切って、短期で稼げる道を考えました

その結果次の2つで40万円を稼ぐことにしました

  • Webライター@クラウドソーシング
  • ポイ活

ブログはブログで続けていきますが、正直せっかちな僕としては待っていられない(笑)

本当は僕自身の性分だけが理由ではなくて、会社の変化、社会の変化が予想より早くていつどうなるかわからない!という危機感の高まりが一番の理由です

Webライターで稼ぐ

なぜWebライターかというと理由は4つ

  • 書くことが好き(やりたい)
  • 学術論文・特許・報告書と書くことの実績はある(やれる)
  • ブログもやってるのでポートフォリオはある(やれる)
  • ライター不足でニーズがある(やるべき)

僕の大好きな【やりたい×やるべき×やれる】フレームワークで考えると、全部満足しいます
これはやるしかない!!

同時に3ステップ計画のホップを達成できるので一石二鳥で最高です

ポイ活で稼ぐ

「そもそもポイ活って何?」

そんな方はきぐちさんの副業クエスト100をご参照ください

簡単にいうと、「色々登録したり活動してポイントを稼ぐ活動」ということになります

僕がメインで使っているのは次の2つです

実際に始めて2週間で1万円稼げました!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

僕がメインで実践しているのは次の3つになります

  • 無料登録
  • 資料請求
  • 不動産セミナー(予定)

色々とコツがあるので別記事でまとめる予定です
こうご期待ください

2020年下期の計画

上半期で稼いだ軍資金の40万円を全投入してWebデザイナーになります!

スクールでしっかり稼げる素養を身につけて

  1. Webライター
  2. Webデザイナー

になります

まとめ

目標:2020年中に副業で月5万稼ぐ

次にここに至る計画です

この目標を達成するために必要なものはズバリ2つだけ

  • 時間
  • お金

両方とも自己投資に必須のものですね

時間の確保のために実践すること

  • 本業に掛ける時間を減らす:無駄の削減×効率化
  • 時間を作る:朝活、通勤、すきま時間

お金を作るために実践すること

  • ポイ活
  • Webライター

2020年は長期的に稼ぐのではなく、短期的に軍資金を稼ぐことを目的とします

その軍資金をプログラミングスクールに投入します
その目標金額と期限は?

5月末までに40万円稼ぐ!